庭の花と日々つれづれ・・・ 花がつなぐご縁
TOP ≫ CATEGORY ≫ 花がつなぐご縁
CATEGORY ≫ 花がつなぐご縁
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

北海道Mさんgarden partⅡ

という訳で、
大変お待たせしました。
とか言いながら~
何より誰よりも一番楽しみにしていたのが、
この、あ・た・し(笑)

去年のmailに画像受信ができず
何度となくMさんに送って頂いてたみたいなんやけど…
断念していたのですが、今回のmailには
きちんと受信ができたのです 


えっ?????
前置き長いって?????
では早速行きますよー!!!!!


ドカーン!!!!!

CAF9E1HB (350x263)

相変わらずです。。。
ここはイギリス???ってな景観です。
言っときますけど、個人宅ですよ。ありえん…(^^ゞ


CA2U9IHQ (250x188)

白とブルーの配色。
透明感のある美しいお庭ですね、うっとり…


CAL6CDRJ (250x188)

そんなお庭にもっこりとかわい子ちゃんがっ!!


CA3UUQXY (250x188)

Mさん宅の幸せ犬。
ポメのモコちゃんでした~


CA8GL7LL (250x188)

ありふれたダイアンサス(撫子)も
何だかハイセンス。



うっとり、
色んな意味でため息(笑)

Mさん、これで放置状態だなんてご冗談を(バシッ!!←ツッコミ音)
やっぱりMさんgardenは格別ですよ


スポンサーサイト

北の国から 2013 夏

何度かこのブログでも紹介させて頂いてる
北海道は釧路にお住まいのMさん。

数日前にふとMさんにメールを何気に送ってみました。
去年の年末に送って以来。
約半年ぶりに送ってみたのです。


2日後にお返事が送られてきました。

(一部抜粋)


不思議なんですよ。。。
というのは、昨日(まだメールを頂いているのを知らない時点で)
地元の信用金庫のロビーでうちわを見かけ、
ふと、(私の名前)さんにお送りしてみようかなぁーと思ったのです。

郵便で送れるうちわで、<こんなもの送って貰っても、処分に困るぞ>
という類のもので、ほんの冗談なのですが(笑)

どうしようかなーという気持ちでもらってきたのですが、
なんとメール頂いているではありませんか。。。
すぐ送ってしまいました。ので、何卒ご笑納ください。(笑)

例年涼しい釧路ではありますが、
今年は事の外低温で、朝晩は13・4℃前後、日中で20℃程度です。

先日何日か27℃の日が続いた時は、皆暑い暑いと大騒ぎでしたが、
今では、あれで夏は終わりか、という状態です。

その分花は長持ちしておりますが



というお返事でした。

何とも心温まる素敵なえー(良い)話。
これぞ以心伝心。
これぞまさに、前世でのご縁!!とすら感じるわたしなのでした。


002 (250x188)



裏には…

003 (250x180)

素敵なメッセージ(しかも達筆!!)
身体は涼しく、心はポッカポカ 

Mさん、どうもありがとうございました。



そしてこの後、Mさんgardenの写真をupします~。
凄いですよっ!!
綺麗やし、かわい子ちゃんも写ってますよぅ。
乞うご期待あれ(告知します)


北海道のMさんより

昨年の年末にブログで紹介させてもらいました北海道釧路のガーデナーMさん

その時の記事

そのMさんより数日前に久しぶりのmailが届きました。
内容は、
北海道は例年になく暑い日が続いたそうで、今年初めてセイヨウニンジンボクの蕾が見られたこと
秋は足早に駆け抜け、一気に冬の寒さが来て蕾はそのまま未開花で終わってしまったこと
そんな忙しさの中、秋にアーチとパーゴラを作成されたこと
11月にバタバタと冬支度をしたこと…などなど。
忙しかったと言いつつも、相変わらず庭作りの情熱をメラメラと燃やす
そんな素敵なMさんの近況が綴られていました。
庭写真もメールに添えて送って下さったようですが…
どうも受信できないのです…
なんでだろぅ(T_T)
アナログ人間のわたしにはよく解らないので、とりあえず過去のmailをいっぱい消去してみました。
(えっ??こんなもんじゃ全く意味がないって??)


そして今日午前中、こんな素敵なものがMさんから届きました。

002 (250x188)

上野ファームの本と、何ともレアな北海道で発行されているというその名も「花新聞」!!
さすが日本のガーデニング本拠地、北海道。
そういう本が発行されてるって言うのが、これまた素敵ですね。
かなりの冊数を送って下さったので、まだまだ熟読には至りませんが…
一冊目を通してみるとなかなか興味深い勉強になることも書かれてありました。
そして、ページの真ん中辺りになんとも庶民的に「大根」や「ニンジン」「いちご」など
農作物の育て方なども載っていて、がっつりガーデニングだけのことではなくって
ちょっと抜け感のある感じがこれまたかわいいな~なんて。


そして夕方は…

001 (250x188)

な、な、なんと
再びMさんから六花亭のお菓子が届きました!!
ちょっと豪華すぎる不意の贈り物に、何とも言えない暖かい気持ちに包まれたのでした。

Mさんがどんな方なのか、何歳なのか、存じません。
でも確実にMさんとのご縁はオルラヤの花が繋いでくれたおかげなのです。
これって結構すごいやん!!と我ながら自慢の話です(笑)
しかも、こんなお庭を作る人ってちょっと普通の人ではないやん??

Mさん、素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございました。
私からのプレゼントは…クリスマス過ぎたころに「今頃か~ぃ!!」
って突っ込みたくなると思いますが、もうちょっと待っててくださいね(^^ゞ


おまけ☆その①
六花亭のバターサンドを知ったのは、中高校生くらいの時に読んだマンガ
矢沢あいの「天使なんかじゃない」で、北海道のお土産としてマンガに出てたのがきっかけでした。
高校の修学旅行が北海道で、家族や親戚、友達、御近所のお土産に六花亭のバターサンドを
自由行動のしょっぱなに買いこんで、あのずっしりと重いバターサンドの箱詰めを
リュックに背負って観光したのを今でも覚えています(^^ゞ
どんだけ、お土産を買うのが早すぎたかと後悔したことか…
六花亭を食べるたびに、あの頃の自分の気持ちを思い出し懐かしい気持ちに浸るのでした。



おまけ☆その②
贅沢犬、だい豆。

007 (201x250)

目新しいものや、食べ慣れないものは一切拒否し、終いにはその場から逃げだすほどのだい豆ですが
バターサンドが相当気に入ったようで(笑)
袋から出した途端、鼻をクンクン近づけ小さく割ったバターサンドを躊躇なく食べました。
普通のワンちゃんなら当り前のことですが、この子に関してはなかなかこんなことはあり得ないのです。
なんだかんだで、すごい勢いで催促するので1/2個は完食しましたね。
終いにはくるんであった包みを舐めまわす様子に母と
「どうしたん、だいちゃん。こんなこと滅多にないよね」と大爆笑!!
その様子はカメラにおさめようとしたらバッテリーが切れちゃいました。
冬毛がモコモコに生えて、ちょっと間食のせいで(ドックフードは食べませんが…)
ぽっちゃり気味のだいちゃん↑
「Mさん、もこちゃん ごちそうさまなり~。良いクリスマスを~♪おくってワンっ!!」

人間観察力

講師業を始めて、もう8年目です。
ガーデニングということもあって、自分よりかなり年上の生徒さんと触れ合う機会が多く
なかなか目上の人から「先生」と言われるのも当初は気恥ずかしさもありました。
ここ数年は、すっかり図々しさも出てきて??
冷静に大人の人間観察を楽しむまでに成長(笑)

色んな意味で、人の行動を見て色々なことを考えるのです…
そう。
良くも…悪くも…

歳をとっても多趣味で生きがいを持っている素敵な人生の先輩

年齢関係なく、立場をわきまえてきちんとした対応のできる人生の先輩

歳をとってもかわいらしさのある人生の先輩


逆に…

自分の事ばかり優先し、他人への心配りのできない残念な人生の先輩

人に指示してばかりで、自分は何も動こうとはしない残念な人生の先輩


色々な性格の人が集まって、色々な考え方の人がいる。
しょうがないことやけど…
もの凄く色々なものが見えてくるとき、考えさせられます…


001 (175x250)

90歳をこえてもいつも一番乗りで来て下さる森田のおじいちゃん
うちの亡くなった祖父の知り合いでもあったそうです。
竹を割って、園芸道具をたくさん作って下さるのです。
元職人さんなので、手先も器用でシャン!!としてらっしゃいます。

005 (188x250)

こんな籠に道具を入れてガーデニング教室に…
粋ですなぁ~。

009 (178x250)

こちらのおじちゃまも、80歳とのことで!!
背筋もピンと伸びて、気さくで優しい方です。
率先してお手伝いをして下さいます。
多趣味な方のようで、人との交流も多いのでお若く・そしてこういう人格になるのだと思います。

012 (250x188)

ワイワイ♪
ガヤガヤ♪
今回も賑やかな教室でした。
色んな意味でね(笑)

種子交換

台風15号の通過で、思ったより風の強かった北九州。
前もって避難させておいたコンテナを戻し、ふとポストを見ると一通のお手紙が。

わたし宛。
ムムっ??一瞬誰だろうと思えば、
このブログを通して種子交換をすることになった方からでした(その時の記事
すっかり忘れかけていた時に、思いがけず届いたお手紙とオダマキの種子。

002 (250x203)

花が運ぶご縁は、思わぬところから繋がっていくものです。

思えばもうすぐ9月。
秋の種まきシーズンがやってきました。
実はあまり種から育てるという経験が薄いわたし。
多分↑これをやると、次々と鉢数が膨大に増え続けるのでちょうどいいのですが。
今年はこの頂いたオダマキとホルディウムの種まきを予定しています。

odamakiとっくんさん (250x188)

頂いた方のブログよりご拝借。
この丸っこいフォルムの整ったオダマキの種子を頂きました。
素敵な花色と花型です。
お花が見られるのは再来年。
キンポウゲ科の花ってクリスマスローズ同様、開花までに年数がかかるのですね。
無事にこの顔が見られる事を祈って…
どうもありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。