庭の花と日々つれづれ・・・ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年03月
ARCHIVE ≫ 2012年03月
      

≪ 前月 |  2012年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

admire the flower

暇なんで、出かけようかとも思ったのですが
なんせ、ガソリン価格の高騰で出来るだけ車に乗りたくない!!
着替えするのもめんどくさい!!

庭にでも出るか。
そうだ!!先日(確か27日)福岡の桜開花宣言が出たのでちょっと見に行ってみよう。
見に行くって程の距離でもない、徒歩1分の桜をチェック!!

017 (210x280)

おぉ~、樹によってまちまちですが
この桜は二分咲きって感じでしょうか?

だいぶ、老木なのか??
去年の冬から気になってるサルノコシカケがいっぱい付いた枝があるのです。
樹木医さんに診てもらわないでいいのか??と心配。

いつまでも長く咲いてほしいな~

013 (280x210)


この枝はいっぱい咲いてます

014 (280x210)


風が強くて、桜のいい香りも吹っ飛んで香りませんでした

ちょっと残念…

015 (280x210)


かわいらしい
花だこと


来週あたりが、福岡では満開とのことです。

スポンサーサイト

コーディネート

025 (124x280)

・デニムシャツ(Levi'sXXX VINTAGE CLOTHING)
・カットソー(no brand)
・袴パンツ(no brand)
・ストール(journal standard LUXE)
・シューズ(Anniel)

no brandやファストファッションのブランドとのコーディネートって難しい。
素材や形など、きちんと見定めないとえらい貧乏臭くなるし…
全身それでまとめると、絶対NGやし…
いいものはそれ一つでサマになるけど、そうはいかないのです。

だいちゃんも写りこんでます(笑)
お散歩用のお洋服やけど、だいちゃんは何着ても似合って羨ましいよ。

春うらら

今日は最高に気持ちのいいお天気でした。
最高気温も18℃
ぽかぽか陽気の一日でした。

ここ最近、だいちゃんの左目が結膜炎にかかっていて
あまり外のお散歩に連れ出していませんでした。

そのせいか、ストレスが溜まってしまったのか
無駄吠えが多い…
無駄吠えもっと多いおバカなそら豆につられて吠えてる時も多いですが…

そこで、気分転換にいつもの遠賀川へお散歩に行きました。


散歩1 (169x450)

さぁ、お散歩出発!!

ここは歩道なので、リード付けとこうね

だって、自転車が通ったら追いかけまわすやん…







ショボーン

まだテンションが上がってないだい豆


散歩 (550x304) (500x276)

さぁ、元気出して行こう!!



散歩3 (550x166)

ここは、自転車の心配もないので、リード外しました。
柔らかい土の感触とみずみずしいクローバーがきれいやね。



クローバー (550x260)

クローバーの上は、ひんやりと冷たかった。



散歩2 (400x235)

「だけど、どんな場所よりも居心地が良くって安心できるのは
おねぇちゃんに抱っこされてるときだワン」←多分そう言ってくれてると信じてる(笑)


033 (200x150)

ユーフォルビアの仲間でしょう
この雑草かわいい

034 (200x150)

おなじみ
オオイヌノフグリもいっぱい咲いてました♡

036 (141x200)


これも子供のころから大好きな雑草
キュウリグサって呼んでたけど、この地域だけやか??
忘れな草を極小サイズにした感じです。


前に来た時より、草刈りされてたみたいでちょっとさみしい感じでした。
そん時は、アザミの花も咲いてたけど今日は見つからんかったな…

037 (280x210)
帰りの車の中で
だいちゃんは嬉しかったのか、最高の笑顔を撮らせてくれました。
可愛すぎやろ!!だいちゃん。

最期までも…

花がら摘みは、ガーデニングの大切な作業です。

あの日見染めたラナンキュラスは(その時の記事)花持ちも良く、たくさんの蕾を付け
わたしを喜ばせます。
あまりにも花つきが良く窮屈そうなので、一番花を剪定しました。

ラナン (400x247)

下の花弁はドライになっていますが、それでも美しい。
何焼きか忘れたけど…藍色と金の色合いが気に入ったお猪口にそのままポンっと。
和器に合わせると一層艶やかさがまします。
はらはらと散った花弁も色っぽい。

花は美しい。
最期まで楽しませてくれます。

my name is `Hatiora salicornioides'

サルコイデス


ずいぶん前に買ったこの観葉植物。
ミルクブッシュに似てるんですが、違うのです。

この苗を購入した店には‘ハチオラ バンブーソイデス’という名前で売られていました。
こんな長い名前覚えられん!!と思って携帯のメモ機能に登録し買って帰ったのです。

それから、多肉植物の本やインターネットでも色々調べたのですがそんな名前ではないようで
調べても調べても情報なし…

そして、日々過ぎて行きました。


数日前に、訪問者履歴を見たら長崎で植物を育てている方の履歴があって
何気なくブログに訪問しました。
そこで、な・な・なんと偶然その方もこの植物を育てていて名前が判明!!
‘サルコイアシ’(Hatiora salicornioides)って名前だそうです。
確かに英名はハチオラってなってるから間違いないようです。

「やっと、あなたの名前を知ったよ」

「my name is `Hatiora salicornioides'」

「もうちょっと洒落た名前がついとんかと思ったばい。漢字で書くと猿恋葦って何か凄いね…」

「…」

「ハチオラちゃんで呼んであげるね」

お庭相談所

2008 11月~2009 5月 121 (350x263)
2009.4.4撮影

ここ福岡北九州は3日程、強風で大荒れの天気でした。
特に住宅地の角地の我が家、北西から吹く冬の風は台風並みに強烈。

その北西の風がぶち当たるのが、コンテナガーデンで作ったアプローチなので最悪…

天気図を見て、‘こりゃ明日は風が強まるばい(-_-;)’と思ったら
鉢を軒下に移動し非難する生活を送ってます。
↑何度、強風で鉢を割られたことか(-_-)


今日はようやく風もおさまり、そろそろ日光浴させないと!!と思って鉢を戻しました。
ついでに、もうじき咲く春の楽しみの花‘ヴェロニカ オックスフォードブルー’に合わせた
配色にディスプレイがえ。
黒と白の花の間にさわやかなベロニカのブルーが冴えるように配置しました。


そんな風に庭で作業していると、散歩途中の知らん人によく声をかけられます。
「この花、何て名前ですか?」
「○○の剪定っていつすればいいんですか?」とか…
今日はおばちゃんの問答でした。
おばちゃん「すみません。お伺いしたいんですけど、5月に真黒いイチゴみたいな実がなって
ブラックベリーに似てるんですが、蔓性ではなくって… 何の植物ですか?」

わたし「桑の木じゃないですかね?」

おばちゃん「やっぱりそうですか!!色々調べてみたんですが桑なんじゃないかと思って」

わたし「家の裏庭にも植えてますよ」

おばちゃん「そうですよね。いつも散歩しながら庭見せてもらってます」←内心、知ってたんかいっ!!と、つっ込んだ

どうやら、おばちゃんはわかっていて聞いてきたのか、
それとも、わたしにしゃべりかけたかったのか、
(まずこの歳で、ここまでガーデニングする奴は珍しいと思うんで。見た目とのギャップも以外だと思う)
同じ木を植えてることを知らせたかったのか、

その後、おばちゃんは色々桑のことをしゃべって帰って行かれた。

また春から花が増えると、知らん人に声をたくさんかけられる季節になります。
去年はパジャマ姿で歯磨きしながら庭を見てたら、知らんおっちゃんが門扉からカメラで
庭の花を撮影してました。
しかもその格好をおっちゃんに見られるッちゅう醜態をさらしたのでした。
「すみません」っておいちゃんが言ったのは、勝手に庭の撮影をしていたことなのか?
わたしの悲惨な格好を見たからなのか?(-_-;)(-_-;)(-_-;)

今年は気を付けよっと。

jaune

001 (280x210)前にも紹介した我が家のミモザ(銀葉アカシア)
只今、満開です。

‘いや~、それにしても黄色いね’
黄色苦手人間なわたしには、眩しすぎます。

でも、お散歩コースにされてる人やご近所さんには人気です。
2012.3.21撮影


ハンサムな白い靴

一昨年の冬、白いレースアップシューズが欲しくなって
目を付けていたのが、repetto ‘ZIZI’

repetto ‘JAZZ’ もいいけど少しカジュアルすぎる。
もう少しきちっと感がある感じのが希望でした。

002 (230x221)
そんな中たまたま見つけたのがCHRISTIAN PEAUの
白いレースアップシューズ。
‘はぁ~、やっぱ素敵’
値段は‘ZIZI’の倍以上するのですが、どう見たってこっちの方がわたしの
ツボやし
ハンサムやん。

ってことで、即決したのでした。


001 (230x173)
横顔もハンサムです。
画像では見えませんが…刷毛による色付けがしてあり革の成分と反応して薄っすらと変色しているのもPEAUらしいというか。
このブランドが好きな人種が喜ぶポイントです(笑)


この靴はいつまでも綺麗に履き続けたい感じの靴です。
なので、消しゴムが手放せません
汚れが付いたらササッとね。

そんで、スニーカー並みの履きやすさでこんな履き始めから履きやすい革靴ってはじめてかも。
なるほどね、色んな意味で納得。
そろそろ今年もこの靴が履きたくなる季節がやってきた。
履いても2カ月程度の短い期間しか履かない白のレースアップですが、ワードローブに仲間入りです。

暴言吐きます

今日嫌なニュースを聞きました。

小笠原諸島の母島で小笠原のみに生息する固有種の植物の枝が折られる被害があったとか。

ほんと、こういうニュース反吐が出るくらいムカつく。
しょーもないクソバカ野郎が存在するんですよね。

まぢ折ったやつの骨、同じ数だけバッキバキに折ってやりたいわ。
クタバレ!!

なんなんでしょ?!
こういう行為におよぶ奴の人間性って。
植物がなんかお前に嫌なことしたんか??って感じ
まぁ、何も仕返しをしないこういう存在にしか手を出せんダッサイやつなのは確定です。

消えろ、クズ!!

Άνεμος 

アネモネ(Anemone)
おおらかな花姿が好きです。
何となく春は小花が多くなりがちな庭に、比較的大きめのアネモネがポイントになるので
そういった点も魅力的な花です。

結構カラフルな花色も多い花材ですが
わたしが植えるのは、この鷺色と青紫と白だけ。

アネモネ (500x211)

今年は鷺色のみ植えました。
パッと開いた時もいいですが、蕾の時や少し開いてきた時が特に好きです。

まだ寒いので花茎はそんなに伸ばさず、比較的低い位置で咲いています。

アネモネの名の由来はギリシャ語で「風」っていうのも素敵です。
また、ギリシア神話では美少年アドニスが流した血よりこの植物が産まれたという
伝説があり、アドニスと呼ぶこともあるそうです。
美少年もいいけど、この花色は女の子の妖精のようなイメージやな、わたしの中では。

藍より青し

プルモナリア(Pulmonaria 'Blue 'Ensign')が咲いていました

017 (280x222)

3月頭に株分けし、
それから1週間ばかりで蕾を見せたプルモナリア
チョコレート色の蕾と葉もシックで素敵でした。

2012.3.6撮影


昨日の晩にふとプルモナリアの事が気になって思い出しました。
きっと、このことの知らせやったんやな。
よくあるんです。
害虫が付いていたり、何か助けてほしい時とかに植物がテレパシーみたいなやつ送ってくるんです。

023 (165x230) 021 (173x230)022 (173x230)



画像ではやや紫っぽく写っていますが、澄みきった青い花です。
ずっと眺めていたくなる
やっぱ、青や水色の花好きやな~

春のブルーガーデンの先駆けです。

あじさいの芽吹き

憂欝な梅雨の季節の楽しみ、あじさい

あじさいマニアの人には邪道と言われるかもしれませんが
わたしはどこにでも咲いている、青い西洋アジサイが好きです。

003 (145x230)


3年前に買った、アジサイ‘ババリア’

去年は1つしか花房が付かなかったけど…
今年はいくつつくのか楽しみです。



004 (230x173)こちらも同じ日に買ったアジサイ
品種名不明で、やや小ぶりの花房がいっぱいついていました。
花色は‘西安’っぽい感じ。
開花ピークが過ぎていたためか確か300円で買った見切り品でした。
わたしはこのちょっとピークを過ぎて色が落ちグリーンが混じったアンティークカラーに一目ぼれしたのでほんとラッキー!!と喜んだんです。↓購入時


紫陽花 (230x173)2009.6.1撮影
すごく好きな色味だったので大きくしたいと思い、ミナヅキの株もとに地植えしました。
でも、思いのほかミナヅキが大きくなってしまいすっかり日の当らない日陰に…
購入年以降はこの素敵な花を見れていません。
やっと去年鉢上げして日に当ててあげました。


無事に芽が出てきてくれました。
花は今年は無理かもしれません…
でも、2年間も植えかえしてあげず頑張ってくれた子なので贅沢は言いません。
無事に芽を出してくれただけで、嬉しいよ。
ありがとね。

ドツボですよ、憂歌団

いいお天気です。
こんな日は、憂歌団ききながら屋根上で煙草でもふかしたい気分です。
(って、せっかく煙草やめたんで我慢ですが…)

わたしのやんちゃな性格が疼いてくる

しびれちゃいますな



JR 

わたしの移動手段は殆ど車。
ちょっとの距離もできるだけ歩きたくない人なんで…

今日は仕事の用事で博多に出ないといけませんでした。

いつもなら車で行くのがわたし。
でも、博多駅降りてすぐの場所だったのでJRで行ってみよう!!

JR乗るのも半年ぶり
しかも、博多方面にJRに乗って行くのなんか10年ぶりくらいです。
ちょっと緊張(^^ゞ

002 (210x280)

しかも、いつもは快速のとまる駅までバスで出て乗るのですが
地元の駅から乗ってみました。
↑もちろん快速はとまらんローカルな駅です。
学生の時に雪が積もって、バスが動かなかった時に一度だけ利用したことのある駅。

シンプルに線路が2本のみ!!



ガタンゴトン…
途中、快速や特急列車に追い抜かれながらの移動

帰りものんびーり、赤間から各駅停車で。
福間~宗像~遠賀にかけての、愛すべきかわいいド田舎景色を眺めながら
(ほっかむりしたばぁちゃんが畑仕事したり)
なんちゅうかわいいとこに、わたしは住んどん(笑)なんて思いながら。

久しぶりのJRでのひと時でした。

いつも訪問して下さる方々へ♡
超ローカルネタで、しょーもなくてごめんなさい。

コーディネート

011 (161x280)

・リネンジャケット(SULTAN)
・PO(ETOILE ISABEL MARANT)
・ハンターパンツ(nest robe)
・スカーフ(Jacques Marceau)
・靴(CHRISTIAN PEAU)
・リュック(CHRISTIAN PEAU)

久しぶりに撮ってみた。

ブーツのメンテナンス

今年2月頭に我が家にやってきたアンティークブーツ(その時の記事
わたしが日常使いしているのが原因か…
部屋の湿度の問題か…
家に来てすぐの時より乾燥が進んで状態が悪くなってる気がしていました。

自分でお手入れ法を色々調べてみました。
「アンティークブーツ 手入れ」で検索
う~ん、専門用語ダラダラと綴られた活字だらけの文章…
アンティーク加工とか出てきたり(加工じゃねーのよ)…
Tricker'sのお手入れ法が出てきたり…
なんとかレザーにはミンクオイルはNGだとか…
「うんわ~、やる気失せる!!もっと簡潔に頼むばい」  だんだん面倒臭くなる わたし。


そこで、去年くらいから革靴を購入した際にソールの補強でお世話になってる
宗像にある「まる歩靴工房」さんにメールで聞いたとこ、「オイルレザーのオイルが落ちてしまって乾燥しているのでは」
というアドバイスを頂きました。
「写真なので(状態の画像もメールで送っていた)推測で、実物を見たらもう少し詳しくお答えできるかと」
とのこと。
‘フムフム、やっぱ色々チェックせないけんポイントがたくさんあるんやねぇ…’
それで昨日診断してもらいに行ってきました。

診てもらった結果
‘ミンクオイル’ってのでOKだそうで、お手入れ法を習って
工房で↑も売られていたので買って帰りました。

002 (210x280)約1時間ばかり必死にオイルを塗り込みます。
中指が攣りそうになりましたが、
飴色を少し取り戻しつつある
ブーツを見ながら必死に頑張ります。
白っぽくなっていたところも、
オイルを含んだせいか??
色が濃くなった気がします。
特にダメージの少なかった筒部分は
見違えるようにきれいになった気が!!
教えてもらったお手入れ法
①硬く絞った布で拭く(水分を与える)
②ミンクオイルを薄く取り、
手の温度を使って塗り広げる
③軽く拭いて仕上げる
 
 意外と簡単なんですね。
 わからんことは、その道のプロに効くのが一番!! 
 こんなことなら、はよ聞けばよかった。


お庭の植物同様、ブーツもお手入れすると見違えるようによくなるもんですね。
そして愛着も湧くもんです。
今まではすぐにダメになった靴は捨てたり、修復不可能くらいまで履き潰して処分してたけど
ちょっと可哀想なことをしてきた気がしました。反省。

003 (280x210)こういう作業ってやりだしたら止まらんもんです。
わたし、元々革物が好きなんかも知れません。
靴やバッグは当たり前やけど、意外と服にもレザーが使われてる物が多いことに気付く。
パンツのポケットがレザーやったり
ジャケットの肘部分にレザーパッチがあったり
仕事用のエプロンもレザーが使われていたりと…
ついでにその時履いていたパンツのレザーポケットも磨いてみたりして。
「おぉ!!いいやん!!」なんでもかんでもやりたくなってくる。 ミンクオイル 600円 


なかなか自分のツボにはまるものに出会うことってそんなに無いもんです。
気に入ったものはずーっと使っていきたいし。
新たなお手入れ法を知り、いいことを学んだ1日でした。




まる歩靴工房(click!!)    〒811-4164 福岡県宗像市徳重1-11-6
                       TEL/FAX 0940-32-3861

わたしのイメージする職人さんとは真逆の(笑)若い男の子がオーナーさんです。
親切・丁寧に靴の相談にのってくれるので、とても助かってます。←(って、1年に数回しか行かんのやけど)
靴もオーダーで作ってもらえるみたいで、全行程わかってる職人さんなので大切な靴も安心して預けられます。

シャ・リオン

只今、吐き気をともなう偏頭痛中…
夕方から治りません。
このままお風呂に入ったらゲロって倒れそうなので
薬が効くのを待ちながら…いろんな人のブログを拝見し
時間つぶし中…


そこで一曲ご紹介


たしか中高生くらいのころ大好きだったTV番組
『ワーズワースの冒険』

旅やアート、カルチャー、ファッション、音楽など
素敵な世界を紹介する番組でした。

日曜の夜に放送されていて、この番組が終わると
「ゲー!!また明日から学校やん。ダリ~…」と思っていたのを覚えています。


この番組を今でも覚えているのは
主題歌の「シャ・リオン」という曲が大好きだったからだと思います。
目を閉じると子供のころからキャラバン隊が砂漠を旅する情景が浮かぶんです。
理由は不明です。多分わたしの感性がそう創られてるんでしょう。
2.3年前にAmazonで中古CDを手に入れ
今でも結構なヘビロテで聴いてます。
歌い手の河井 英里さんはわたしがこのCDを手に入れた1年前に
お亡くなりになっていました。
正直、曲名は20年近く覚えていたのに
河井 英里さんのお名前は全く覚えていませんでした。
でも、人の心にずっと残る歌を歌える人ってすごいですよね。

YouTubeで拾ってきました。
YouTubeでは無理なんですが
本当はコンポで重低音効かせて聴いてほしい。
何の楽器かわからんけど、五臓六腑に響くいい音が体感できます。



「NO FLOWER NO LIFE」

002 (430x323)
アプローチ
来客が多い我が家なので、アプローチには季節の花鉢を目線の高さに飾ります。
来た時も・帰る時も、お客さんは足を止めて花を眺めています。
その様子をベランダからこっそり見てます。
花を自分の方に無理やり花首を持ってグイっとするような人は、さっさとお帰り下さい(毒)

アプローチ2 (350x151)
まだまだ落葉樹の芽吹きは先ですが
常緑の樹木の間にクリスマスローズやクロッカスの花が咲いて
生き生きとした息吹が感じられるようになりました。



クリスマスローズ (320x137)


クリスマスローズ3 (320x137)
(右)我が家にある唯一のセミダブルです。


クリスマスローズ2 (320x149)
(右)10年ほど前に買ったクリスマスローズ。
定番の花色ですがクリスマスローズの魅力を教えてくれた宝物の苗です。


クリスマスローズ4 (320x179)
(左)花型・葉色・質感すべて自分好みのブラックの株。
(右)まだまだ蕾の株もあります。


クリスマスローズ 八重 (350x201)

クリスマスローズは大輪で結構存在感たっぷりな花ですが
色んな色が混ざっていても以外にゴチャゴチャしません。
うつむき加減に咲く花姿やシックな花色のお陰でしょうか。
寄せ植えにしてもかわいいのでしょうが、わたしはすぐに大きくなるし
根が直根性なんで単品で植えて、鉢色との組み合わせやディスプレイで楽しんでいます。



ジングルベル (430x239)
クレマチス‘ジングルベル’も二番花と一番花の綿毛状の種子と一緒になって
ラティスに絡まっていました。


芽吹き (400x210)
(左)バラ‘ホットココア’の芽吹き
(中)クリスマスローズ・シンバラリアのこぼれ種からの芽吹き
(右)クレマチス モンタナの芽吹き
いよいよ色んなところから芽吹きが始まり、我が家の庭は
あっという間に緑に覆われます。
無事に冬を越した証明なので、嬉しさがこみ上げてきます。


ミモザ (320x182)
今年はミモザの開花も少し例年より遅いです。

気温は寒の戻りで低いのですが
久しぶりの太陽キラキラの一日で、庭の植物も嬉しそうでした。
午前中に水やりをして、「しっかり光合成をしてね」の気持ちを込めました。
アプローチ側の庭はあまり日当たりがよくないのに
いつも元気に育ってくれる植物たちに感謝しています。
花に囲まれた暮らし、本当に幸せです。

「NO FLOWER NO LIFE」
なわたしです。



宿根草・多年草の株分け

今日は寒が戻って、寒い1日。
少しばかし庭作業が出来ました。

今日の庭作業
・ヒューケラ ‘ブラックべリージャム’植え替え
・ヒューケラ‘オブシディアン’(小鉢)植え替え・株分け
・ゲウム‘イエローレッドブラウン’株分け
・プルモナリア 株分け※10日程前

014 (210x280) ゲウム‘イエローレッドブラウン’ 2010.4.13撮影

東日本大震災から1年

あの大震災から1年が過ぎました。

わたしは九州人、
あの大震災による大きな被害は受けていません。

だけどあの時に感じた衝撃や、胸の奥に感じた息苦しいような感覚は
今でも忘れていません。
むしろ、今の方が震災後に被災された方々の話をニュースや報道で聞くたびに
苦しくなる感じです。



震災が起きた時間はちょうど昼休憩で、
地震速報が流れ、番組は中断しニュースに切り替わりました。
その時はまだ「えらい大きな地震が起きたんやなー」
くらいで本当に深刻な状況などはわかっていませんでした。
休憩時間も数分後に終わるので、後ろ髪引かれる思いでそのまま店に戻りました。

その数時間後の2回目休憩。
どのチャンネルも地震の番組になっていて、
津波の映像を初めてその時に見ました。
一瞬、この津波映像は「いつ、どこで起こった津波なん??」
まさかあの時の地震が引き起こした津波だとは思っていませんでした。
でも現実を知り、体が震えるような硬直を感じました。

仕事から帰って、すぐに家のTVをつけると
色んな情報が流れていました。
関東の方も被害があったことを知り、
慌てて千葉の友達にメールしました。
「電車が止まって2時間半歩いて帰宅した」との返信。
何はともあれ無事であったことに安堵しました。

遠い親戚で祖母の妹が仙台の泉区に住んでいて
震災後数日連絡が取れない状態でした。
でも何とか一家全員無事だったようで、
娘宅のマンションがヒビが入って住めなくなったこと以外は特に問題がなかった。

ガーデニング教室のイベントや珍しい苗を仕入れるときに利用していた
福島の園芸店は、原発の問題で警戒区域に入るため営業を停止することになりました。
スタッフの方々はご無事だったようですが
苗を届けて下さるクロネコの配達員の方が行方不明だというメールも頂きました。

天災とはいえ、一生懸命にお仕事されていた方
学校で勉強を頑張っていた子供たち…
なんでこんな人たちが亡くならなければいけないのか。
もうヤバい、泣けてきました。
ほんとクソったれみたいな人間がいっぱいいるのに、
なんで、がんばっとる人たちや子供や悪いことしてない人たちが犠牲にならんないけんの??って感じ。
悲しいし、意味もなくムカついてきます。

せめて震災から命を免れた皆様に一つでも多くの幸せが訪れますように。
多額の寄付や援助が出来ればいいのだけど
わたしには無理なので、心からそのように祈ります。
神様なんかいないので、別のものに祈りをささげます。




Spring Ephemeral

006 (262x280)


クロッカス ブルーパール(Crocus‘Blue Pearl’)が咲きました。

早春を知らせる花です。

澄んだ水色がきれいです。

ハッキリとしないお天気が続いているので、
この子がこんなに開いた状態は、はじめてみました。

お日さまが雲に隠れたら
あっちゅうまに蕾が閉じていました。

本当に太陽が好きな花です。


006 (280x224) 2012.3.6



058 (280x220) 昨日

kokage

鞍手にある古物雑貨・家具等を扱う「kokage」。
奥にはカフェスペースもありランチやお茶ができます。

何時ぐらいぶりかも忘れるくらい(半年は来てないと思う)久しぶりに行きました。
自宅から、遠賀川を沿ってのんびり運転で20分くらいで着くので意外と来やすい距離。

THE 田舎!!って感じののんびりとした場所にある素敵なお店です。

kokage (350x174)
立派な古民家が「kokage」です。お店の前には川が流れています(右)


kokage2 (350x198)
入口には紅梅が咲いていました。
今日は靄がかかったような春霞。紅梅の横にぼんやりとした太陽が見えます。


kokage3 (350x243)
屋根瓦でできた通路が店内までご案内です。
広ーい日本庭園で、奥には白梅が満開で綺麗でした。



店内へ

kokage4 (350x262)

天井は、立派な梁が見られます。
大正~昭和くらいの時代かな??
ミルクガラスの照明などたくさん売られています。
日本の古物が多いですが、ヨーロッパのものなどもありました。
イギリス軍のトランクケースとか。

食器類もたくさんあります。
前に来た時に、kokura wareのプレート皿を買いました。
小倉のTOTO便器がつくってたんですよね!!
確かにこのツルンとした滑らかな質感は共通するもんが(笑)
今日も偶然、そのお皿にハンバーグが夕食で出てきました。

kokage5 (350x306)



今回は机探しに来ましたが、
kokageでもいいものが見つかりませんでした。
休憩にカフェに寄ります。



kokage6 (350x130)
わたしは、外光の当たらないランプ照明だけの奥の席につきました。
お店のお姉さんがわざわざ暖房器具を足もとまで運んで、付けてくれました。
こういう気配りって本当にうれしいです、「ありがとうございます」連発です(笑)
やさしいお姉さんのお心遣いと店内の雰囲気に癒されます。


kokage7 (350x276)
この席を選んだのは…
持ってきていた若冲の画集を堪能するためです。
ランプ照明のぼんやりとした灯りに照らされた朱赤色が
とっても色っぽく映るんです。


043 (200x150)
甘ーい、キャラメルラテ(450円)
毎日ここに来て飲みたいくらいやけど…
こんな素敵なお店はなかなか無いので、特別感を維持するためにも
たまに来るのがベストです。

kokage   福岡県鞍手郡鞍手町大字木月 1040 / tel 0949-43-1555
http://kokagecafe.com/





他のお店にも寄る予定でしたが
kokageでの心地よい余韻が消えそうやったので、そのまま帰宅することにしました。

田舎を好み・骨董や古物好き・趣味は美術鑑賞…
感覚が年寄り化してきとるな、とか思いながらも
川で魚を狙う鷺や電線に止まった大きなトンビ(トンビにしてはデカかったけ、鷹かも)
をみてテンションが上がるとこは、まだまだガキやなー、とか思ったりして。
何事にも、本当に両極端なところがあるわたしです。

帰って気が向いたので草取りしたら
懐かしい青臭いにおいがしました。

遠賀川の景色

中間や直方・飯塚方面、小倉南区の平尾台側に行くときも
遠賀川を沿って運転するのが好き。

春は菜の花、夏は草原、秋はすすき、冬は立枯れの風景と
四季を通していつも素敵な風景が見られます。

遠賀川 (350x149)

ちょうど今は、冬の景色から春の景色に変わるころです。
立枯れすすきと菜の花が混ざっていました。
樹木の芽吹きは未だ。

土手では、つくしをとってる人も見かけました。

野の花 (350x153)

雑草の中で一番好きなオオイヌノフグリ。
ふと土手に目をやるとオオイヌノフグリの群生が見えました。
我慢できず、車をとめてしまうわたしです。

本当にこの雑草はかわいい。
ゴマノハグサ科のヴェロニカの仲間です。
子供のころ、勉強机にこの花を飾りたくて摘んで帰ってましたが、
何度摘んでも飾る前にはポロッと花か落ちるんです。

春の色と言えば普通、菜の花の黄色や桜のピンクですが、
わたしの中で水色なのは、この草花の影響だと思う。

もうじき園芸種のヴェロニカも咲く季節やなー。
春のブルーガーデンが待ち遠しい。

ガーデニング教室 則松市民センター

今日は、昨年からご依頼頂いているガーデニング教室でした。
わたしが二十歳まで生まれ育った町での教室。
今は違う町に住んでいますが、色んなご縁がつながってご依頼いただいています。

この町は、今は大きな道が通り
お店がたっくさんある賑やかな町になってしまったけど
わたしが子どものころは、田んぼや用水路があって
学校終わったら、自転車かっ飛ばしてそんな環境の中で遊び育ちました。

メダカやフナ、ザリガニ、カエル、雷魚、ヘビ…をとったり、
レンゲ畑、泥んこ遊び… とにかく男の子のような遊びが楽しい子供時代でした。

わたしの自然や生き物好きは間違いなくこの土地で育まれたのです。
だから、この町のお役に少しでも立てることがとても嬉しい。
大人になって、則松市民センターに来れることも嬉しいのです。


009 (280x210)
まちづくり協議会のみなさん。
お手伝いをいつもして頂いています。
なんか、楽しそうに「宝くじが当たったら…」という話で盛り上がってました。


012 (280x210)
少しずつ受講生の方たちも集まりだしました。


010 (210x280) 今日の花材です。
ミニスイセン・スカビオサ・バコパ・はなかんざし・オキザリス・スイートアリッサム…計6種
これにテラコッタに植えて、受講料800円!!


講習中は写真撮れませんでした(教えるのに必死!!)
まだ3回目なので、みんな初心者さん。
ウォータースペースをとることが、なかなか難しいようでした。
でも作成中「かわいい」「春らしい」「嬉しい」など喜びの声がたくさん。
この気持ちが湧くことが何より花をかわいがり、大事にすることに繋がるのです。
この感情が湧かない人は、わたしの中では「さよーならー」なひとなんです(毒)


014 (280x210)
みんなの寄せ植えチェックして、終了。
気の早い人は、早くも袋に入れて持って帰る準備万端です(笑)


016 (210x280)
受講生の方の寄せ植えです。
こんもりバランスよく出来ています。
春爛漫な感じですね。
わたしの庭にはかわいらしすぎる雰囲気で選ばない花材ですが、
万人ウケする色味でコーディネートしました。
ミニスイセンは特にみなさんお好きなようですね。


無事終了。
案の定今回も人数を増やせないかという提案も出ましたが…「無理です」キッパリ!!
「上手く植えつけていなくても、
一人ずつチェックせんで失敗のまま持って帰らせたらいい」
なんて声も一人の方から頂きましたが…「無理です」キッパリ!!
みんな初心者の方ばかりなのに、そんな無責任な(受講生や仕入れた花苗に対して)
対応はできません。
完璧にできてる人なんていないのに、そんな状態で持って帰って
数日で枯らしてしまって、「受講した意味がなかった」と思われるのは一番嫌!!
一番困るのが中途半端な知識で、
初心者の受講生にいい加減なフォローをされることなんですよね~。

何回やっても教室ってのは難しいし、大変であることにいつも気づかされます。

一つでもガーデニングに何か役立つことを学んで帰って、
不幸な植物が減ることを祈るわたしなのです。

以前は自宅教室やいろんな場所で講座をやっていましたが、
体調の悪化や仕事が忙しく時間がとれなくなったりと…
いろんな事情で限られた依頼分の教室だけになってしまいました。
でもこうやって少しでも講師活動が今でもやれているのは、
花に対していつも誠実でいることの成果(おかげ)だと思っています。

変わらず自然や植物に敬意をもって接していかないといけないですね。


クリスマスローズ 

まだまだ、断然蕾の数の方が多いですが
クリスマスローズの季節がやってきました。


クリスマスローズ ピンク系 (350x234)

まずはピンク系。
ピンク系と言っても色・型もさまざまです。
左側は糸ピコで、ネクタリーがえんじ色です。
右はシンプルですっきりとした一重ですが
中央部分のグリーンのにじみがきれいです。


グリーンカクテル (350x200)

お気に入りの‘グリーンカクテル’。
名前もお洒落ですが、花色も個性的なバイカラーです。
表面は紫で内側はグリーン、ネクタリーも紫です。


クリスマスローズ 白 (200x300)

気品高い美しさです。


クリスマスローズ 八重 (350x201)

八重咲きは豪華です。
右の赤紫の苗はイギリスVenus gardenのものです。
大変素晴らしい優良株です。


クリスマスローズ 定番 (350x131)


クリスマスローズ 赤紫 (420x105)


まだまだ満開時期ではありませんが、咲き始めのこの時期は
毎日どの子が咲いたのか庭に出るのが楽しみです。


*おまけ*
027 (280x210)

庭で写真撮ってたら、まめちゃんが‘恥ずかし~!!’
うそです。甘えるときなぜか猫になるそら豆10歳です。かわいい♡



チランジア ウスネオイデス

昨日の仕入れ先で見つけた、チランジア ウスネオイデス(Tillandsia Usneoides)
我が家2代目でございます。

1代目が枯れちゃって、やっときれいな状態ものが見つかりました。

相変わらずおもしろい植物です。
1代目も成長過程がわからんくらいゆっくりと成長していましたが
‘なんかいいにおいするなー’と思ったら小さな星型の花を咲かせたりして、かわいい子でした。

013 (197x280)012 (210x280) 
観葉植物のさげもんやね(笑)

3月に入るともうそろそろ白の配分多めのインテリアに変更したくなります。
秋冬飾っていたワインレッドの柏葉アジサイのドライフラワーをなおしチランジアを垂らしました。
部屋のドライフラワーを片づけ、みずみずしい生花を飾りたいです。
寝具カバーも焦げ茶からオフホワイトにしたり、白の配分を増やしたくなります。



033 (280x210) 雅姫さんの「花の本」より



さげもん

子供のころは雛飾りを飾ってもらっていましたが、
とにかく出すのも直すのも大変…
2.3畳は場所を取るし。

母の妹が柳川にいるので子供のころにもらった‘さげもん’
わたし用と妹用の二つあります。
002 (185x280)

子供のころはこの手作り感丸出しの感じが貧乏臭く、
かわいいなんて思ったことがなかったけど
大人になってみるとつくづくかわいいものだなーと思えるようになりました。

雛飾り同様‘さげもん’飾るのも案外結構場所がいるんです。
横幅というよりは高さが…
普通の住宅の天井から下げても全然頭にぶつかる高さやし、
日常生活では結構邪魔だったりもする。
玄関の吹き抜けに飾るにも、わざわざ大型脚立を運んで下げるのもとっても面倒なんです。

でも一年に一回は眺めたいし、雛段出すより断然楽チン。

さげもん2 (350x169) シュワっち!!

さげもん3 (420x232)

飾り一つ一つに意味があるんだそうです。


さげもん4 (420x208)

ひな祭り

ひな祭り。
なんともかわいい日本の行事だと思いませんか?

お気に入りの雛あられはもう完売でした…

003 (210x280) 
母が張り切って2月頭から玄関先に飾ってました

教室準備完了

この辺の花市場は苗物が火曜・木曜なんで、
イイものや新しいものを探したいときは当日の夕方~翌日に行くのがベスト。

いよいよ迫った、依頼のガーデニング教室の花材準備をしないとヤバくなってきたので
八幡~宗像の園芸店をはしごです。

鉢は、やまくらガーデン宗像店であれだけ親身におじちゃんが探してくれたのに(その時の記事)
余所で仕入れてしまったので、その分花苗の半分はやまくらガーデン宗像店で仕入ようと思ってました。
わたし、口超悪いけど義理堅いんです。
今日はおじちゃん見当たらんかったけお休みの日やったんかな。
だけど、他のスタッフの方も親切で苗を車まで気持ちよく運んでくれます。←お願いしたわけでもなく、お店の方、自らってのがありがたい!!
腰の悪い私には大変助かるのです…

006 (200x150)

探してた、アプリコットのアリッサムも見つかったしよかった。
寄せ植えにニュアンスが出て他の色とのつなぎになるんです。


年齢層が高めの生徒さんが多いので、刺激の少ない優しい色味でそろえます(春やしね)
ふんわりとブーケ状に寄せ植えが出来るような花材で集めました。

009 (210x280) 車の中がお花畑やん

やさしい色味の春らしい花材がなんとか集まりました。
ほっと一安心。

それにしても、わたしの車は20名の生徒さんの材料仕入れでやっぱ限界やな…と改めて実感。
もう少し受講者人数を増やせないかとお願いされるけど、この状況を見て無理だと悟った。

*おまけ*
010 (280x210)

やっぱりどうしても自宅用も買ってしまう わたし。
これは間違いなく黒くなる黒法師みたい(黒くならない黒法師について

パンジー‘タキシード’かと思いきやビオラとのこと。確かに一回りくらい小さい。
品種名は不明やけど、色はタキシードそのもの。ビオラ‘azuki'かな?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。