庭の花と日々つれづれ・・・ 2012年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

珈琲好き

飲み物でも珈琲が一番好きですが、植物に珈琲・ココア・チョコレートと
付いた名前の品種が好きです。
どれも茶を含んだアンティーク系のカラーが多く、質感もマットな感じで好みなんです。

バラ‘ホットココア’、バラ‘コーヒーオベージョン’、ジギタリス‘ミルクチョコレート’とか…

ほんで、我が家では今が見ごろのジギタリス‘コーヒークリーム’
すくすくっと花穂が2本ダイナミックに立っています。

ベージュ色の花色が、まさにコーヒークリームです。
たまらなく好きな色合いです。

007 (213x300)

006 (188x250)
こういう花色って、なかなか無いのでもっともっと増えてほしいです。

034 (188x250)
つぼみの時の様子(2012.5.18撮影)

008 (188x250)
そして、今日の様子。
一番きれいな時です。

2.3年草のジギタリス。
我が家では、一年草扱いです。コンテナ栽培ってのもあるのかもしれないけど、
梅雨と夏の暑さで結局消滅してしまいます。
北海道などの冷涼なところではこぼれ種でも増えるらしいですが、
なかなか九州の環境では難しいのかな??

でも毎年、目新しい品種を見つけて他の植物と合わせることが出来るので
それはそれでいいかとも思ってます。

スポンサーサイト

もうちっと、待っとってくださいな♡

このブログがきっかけで、こんなご縁がつながりました。

自分のブログの訪問者リストの中に熊本のガーデナーさんの履歴があり→その方のブログを拝見→その方のブログのコメントに、とっくんさんという島根のガーデナーさんのコメントがありそちらに訪問し→北九州出身とのことで思わずコメントをおくったのがきっかけです。

とっくんさんのブログはこちら→(click!! )

今住む自分のお庭の雰囲気とは違うのですが、子供のころに住んでいた家に植えてあった植物を育てていて懐かしい気持ちになるのです。
そして、何といっても数時間(数分かも!?)単位で細かく開花していく様子を写真におさめていて、そのマメさに驚かされます。
たくさんの愛情を注いで植物と暮らしてるのが伝わります。

003 (188x250)そんなとっくんさんと種子交換をすることになりました。

わたしはクリスマスローズの種子をおくります。
お手紙も添えて…

お花好きな人と、ブログで交流が持ててうれしいです。

準備完了!!
近日中に発送しますね~。
もうちょいお待ちを~。



余談
ポールスミザーさんの本に、イギリスでは「大事な植物は人にあげなさい」って言うそう。
自分の庭でその植物が枯れちゃったら、そこから貰うんだとか。
やけ、あげた人の名前はメモしておくそう(笑)
まさに、植物の保険なんやって。

わたし流に言い変えると「大事な植物は、きちんとかわいがって愛情あふれる優しい人にあげなさい」やな。
注文が増えるのがわたし流(爆)

じゃぱにーずびゅ~てぃ~

冬に鉢から地植えにしようと思っていた、バイカウツギ。

冬の作業が山積みで、結局今年もコンテナ栽培となりました。

バイカウツギ (400x285)

ウツギ(花色は絶対に白!!)大好きです。

もともと日本に自生している品種も多いので、育てやすいし・上品で美しい。
このバイカウツギは香りまで楽しめる品種です。

次の冬こそは、地植えにしてあげる予定…
さぁ、どこに移植するかが問題です。



もうすぐです

バラの季節も終わりに近づいてきました。

そろそろ梅雨入りでしょうか…
長雨が続き憂欝な気分になりがちな梅雨ですが、そんな気分を吹き飛ばしてくれる大好きな紫陽花。

子供のころ住んでた家には、玄関前に水色の花を咲かせる紫陽花。
柿の木の下には、ピンクの花を咲かせる紫陽花がありました。
好きなのは、水色の方。
朝、おばあちゃんに摘んでもらった紫陽花を学校の教室に飾るのが何とも誇らしかったのを覚えています。

030 (250x188)
西洋アジサイより一足お先に咲き始めた柏葉アジサイ。
昨年辺りから樹勢が勢いづいて、見事な背丈に育っています。
花房もいっぱい♡

お見事でしょ??


032 (188x250)

グリーンを帯びたアイボリーの色味、ナチュラル感いっぱいの樹姿。


「パリジャンたちの庭と花」でみた、ワンページのように旺盛に伸び伸びと育てていきたい花材です。


ennui

ほとんどのバラは終わってしまった庭で、遅咲きのバラ‘ディスタントドラムス’が咲き始めました。

007 (188x250)

咲き始めがなんと言っても素敵なバラです。

中央付近の花弁は銅を帯びたアプリコット、外側にかけてベージュピンクのグラデーションになります。


002 (188x250)



咲き進むと、だんだん単色になっていきます。


008 (250x188)

他の植物とも合わせやすいバラだと思います。
スモークツリー・アリアム ギガンジューム・ジギタリス‘コーヒークリーム’と一緒に。


いただきもの

かし (161x250)昨日仕事から帰宅したら冷蔵庫に、美味しそうなケーキが入っていました。
その名も「林檎の誘惑」
このサイズのケーキの中、丸っと2個のリンゴが使われてるそう!!
林檎好きなわたしへ…との頂きものです。
娘のように可愛がってもらってる幼馴染みのおばちゃんからです。

いつもいつも、ありがとう。

熟成の焼き菓子屋 QUEEN BOISE
  福岡県遠賀郡遠賀町広渡1189-1
          093-293-4633 
 

 

素朴さと素敵なセンスのおじさん

昨年11月に人に貸していた本たちが、やっと今月却ってきたのです…
随分と長げ~こと、大切な洋書や園芸書を人に貸してたもんやな。

その中の一冊「七栄グリーンのコンテナスタイル」

2006年発行の結構前の本やけど、今の黒葉や銅葉ブームの先駆けと行った素敵な寄せ植えが紹介されています。
また、植物とコーディネートされた風合いの素敵な植木鉢との組み合わせはわたしにとってとても新鮮で刺激になった一冊。
日本人の出した本で、ここまで「素敵!!」と思った園芸の本は今までなかったかもとすら思うのです。

001 (250x188)NHKの趣味の園芸を見るのが一時、習慣だったわたし。
えーえー、完全に ばぁさん化してます。
やたらとテレビ慣れしたうざったい講師やナルシストなバラの栽培家など…
どうも観てられんキモい講師が出た途端、電源を切るわたし。
そんな中、この本を作った伊波英雄さんが講師としてTV出演されていた時は、なんて素敵なおっちゃんなんやろ!!とTVに釘づけになりました。
緊張のあまり小刻みに震える指先、声からも緊張が伝わってくる…
なのに素敵な寄せ植えを作り出していく様に、「おぉ、NHKよ。久しぶりに素敵な講師の先生を発掘したな」←何故??上から目線(笑)
と思ったのでした。
TVでこの先生をお見かけしたのはわたしはこれっきりでしたが、すごく素敵なスタイルを作り出す方でした。


七栄グリーン(click!!)    千葉県富里町七栄471-4

la recolte

別に食いしん坊キャラではないのですが…、実った果実の様子が好きなのです。

子供のころに1冊あったムーミンの絵本。
1番お気に入りのページは、夜の闇の中オレンジ色の実のなる木の前にスナフキンが立ってる画でした。
スナフキンがというか…その暗闇の中怪しげに実ったオレンジ色の実が気になって気になって仕方がなかった。

北側の庭には、ジューンベリー・桑の木・ブルーベリー
西側のラティスには、ブラックベリーとラズベリー
コンテナ栽培では、スグリ        以上我が家の果樹です。

020 (250x188)

雨露を湛えた、キラッキラのフサスグリ。

ほんの少し、赤を注してきました。



023 (250x188)
ジューンベリー
食べごろまでもうちょっとな感じです。
「小鳥たちよ、いっぱい食べなさい」
わたしは、果実の実った景色が庭にあることが好きなので、特に収穫もしないのです。


024 (188x250)


実物の赤はかわいくって好きです。

何とも言いようのない、かわいいではなくって愛らしいという言葉がぴったりの様です。



026 (188x250)



ジューンベリーの横の桑の木

「鈴生り」とはまさにこのことです。


029 (188x250)この桑の実を狙うのが、カメムシと犬の散歩で家の前を通るどっかのオヤジ。

カメムシは即効、殺虫スプレーでご臨終。
オヤジは食べるのは構わんが、葉や枝まで折って実を取るのがムカつく。←なんか意地でジャンプして実を取っていた
「大概にしとけよ!!くそオヤジ!!」ってな感じです。

こいつらに荒らされる前に、小鳥がたくさん食べてくれればいいんやけど…
鳥は枝を折ったり、葉を落としたり樹をいじめないお利口さんなんで全然OKばい。


大好物

我が家の宝物、だい豆ことだいちゃんは非常に好き嫌いが多い子です。

初めて食べる物はなかなか口に入れませんし、わたしがおいしそうに食べる姿や手に付けたわずかな量を味見してから食べるという、ワンコにしては大変口綺麗な子です。

好きなもの
・じゃがいも※ホクホクに煮たジャガイモが一番お好きなようです
・牛肉※鶏肉・豚肉はあまり好きじゃないみたい
・牛乳※本当はあまり与えたらいけないので、少量与えます。ヤギミルクがいいんですよね
・ケーキ類

好物の中でも1っ番好きなのが、砂肝ジャーキー(渋っ!!)
ジャーキーもこれしか食べません。
赤ちゃんの時から食べ続けているこの砂肝ジャーキーは、袋を見ただけでお目めキランキランに輝くだいちゃんです

007 (250x188)


5.6枚完食し、空になった袋を覗き込む(笑)


008 (250x188)


どこかに落ちているのでは…!!と思い、周囲を確認(笑)


009 (250x188)


周りには落ちてなかったと、再び…


010 (250x188)


もっと奥にあるのかと、さらに顔を突っ込んでみる(笑)


011 (250x188)


「チっ!!」みたいな顔をしてみる(笑)


013 (250x188)


次は、かわいい表情でおねだりしてみる(笑)



そして、まんまとやられてしまうわたし。
新しい砂肝ジャーキーを開けて、「だいちゃん、どうぞ」とね。
いいのよ、いいのよ、だいちゃんが幸せならそれで。
贅沢もわがままも何だって受け入れてあげますわの精神です(笑)

015 (250x188)
そしてわたしも今日こんな大量の差し入れをもらったのです

「杏仁豆腐だけはだいちゃんも食べて大丈夫なものかなっ♪」と思うわたし。
だいちゃん、うちら2人で3日でペロリやね。


pluie

福岡は雨です。

「せっかくの休みなのに雨かー」とも思いましたが、今月の福岡の降水量は非常に少ないようで樹木も嬉しそうでした。

002 (188x250)

そんな雨の中、バラ‘ロココ’が咲いています。


シェルピンクの透明感のある色味と、花弁が緩く波打ったところが中世のお姫様のドレスの裾のようです。


001 (188x250)
強健種らしいのですが、我が家ではいつも黒点病にかかります(涙)

原因は明らかに日照不足です…
なんせ日当たりの悪い表側の庭なので。


朝日の光の色と抜群に相性のいい花ですが、雨露との相性もイイですね~。
真珠の輝きのようです。


vent

ガーデニングの講師活動を始めたばかりのころ、講師活動をしている方たちと一緒に作品展覧会を行ったりしていました。
わたしは、寄せ植えや大鉢に育ったクリスマスローズなどを展示していました。

展覧会で作品を出していた講師の先生の中にトールペイントの先生がいました。
この方は海外生活の中でトールペイントを知って、いわゆる本場のトールペイントを学んだ先生でした。
親と変わらない年代で、子供と変わらない年齢のわたしをいつも気遣ってくれるさっぱりとした素敵な先生でした。

その方から言われた言葉
「あなたの作品は、風を感じる作品だね」

必ず風に揺れる、野草の様な花材が寄せ植えに使われていると言われました。

無意識でしたが、確かにそうです。
先生はガウラの寄せ植えを買ってくれた覚えがあります。

046 (250x211)

何気ないその先生からの言葉を、ゆらゆらと風に揺れるリナリアを見てふと思い出しました。

言葉とともにその時の嬉しかった感情も湧きあがってきました。


balançoire

今日は朝から爽やかなお天気。
穏やかな風が流れています。

風に吹かれて、クレマチスがゆ~らゆら…
気持ち良さそうでした。

007 (173x250)

クレマチス‘ピスタチオ’

昔からテッセンと呼ばれていた品種です。

潔い、白と紫のパッキッとした色合いが子供のころから大好きです。


011 (250x188)

ほら、パッキッとしてる意味がわかるでしょ??
たまらんな~、白と紫の色合いが…


006 (188x250)


咲き始めは、星のような型です。


徐々に花弁を広げて↑上の画像の様な型になるんです。




009 (188x250)

お次のクレマチスは‘白万重’

乳白色の優し色合いが好きな花です。
内側はややグリーンを帯びています。


008 (188x250)


ゆ~らゆらと気持ち良さそうでした。

ただ、写真撮る時に手ブレみたいになるんで、結構撮るのが大変やった…




013 (250x188)
何度か紹介しましたが、最後はクレマチス‘プチフォーコン’

数日前に撮影した時は、結構風が強くって上手く撮れなかったので今日再び撮影。


023 (188x250)


鼻毛ボーンっみたいな蕊も個性的でこれも良し(笑)

もっといい表現があるやろってか??
だって、バカボンのパパの鼻毛??髭??を思い出すもんで…



クレマチス大好きです。
母も好きなようで、我が家ではたくさんのクレマチスと一緒に暮らしています。
ガーデニングを始めたばっかりのころは、結構枯らすことが多かったクレマチス…

植え付けや、株元の温度上昇を防ぐ工夫で立派に育て上げることが出来るようになりました。

余談…さっきモミアゲの所がコショコショするなと思って掻いたら、5ミリくらいの小さな毛虫が糸とともにピラーンと手にぶら下がった。
キモい!!まだ頭にいるんではなんて良からぬことを考えた途端頭がモゾモゾしてます。
そんで一体どの植物にこいつは付いていたのかも気になる…
毛虫の季節がやってきた(怒)

sang

真紅は苦手ですが、血液の様な黒っぽい深紅に魅かれます。

大人っぽく、クラシカルで気品高い。
銅葉と組み合わせた時の情景にハッとすることが多々あります。

030 (188x250)バラ‘ホットココア’

茶を帯びたこっくりとした赤です。
マットな質感と、この花色がこの名前の由来でしょうか。

銅葉のディアボロの葉色、茶色のカレックス‘フラゲリフェラ’と合わせて派手にならないように、この大人っぽい色味を楽しんでいます。
←この花は前回upしたホットココアのようにシャクトリムシの被害のない花です。本来はこんな大らかな丸い型なんです。



025 (250x188)ダイアンサス‘ブラックベアー’

血液の様な黒っぽい花色で存在感抜群です。
つぼみの時も個性的な姿で(つぼみの様子はこちらから※一番下の画像)面白い花材です。
こちらも明るい軽めの色は合わせず、ヒューケラ‘オブシディアン’などのバーガンディーカラーのシックなリーフプランツとコーディネートしています。
その方が断然素敵な演出が出来ますね。


thank you priceな靴たち

先月中旬に予約していたレインブーツが到着。

梅雨前に届いて、ラッキーでした←本当は6月上旬以降の到着だったので

001 (160x250)
日本野鳥の会のレインブーツです。
クタクタっとしていて、軽い。
HUNTERより断然軽くって楽チンそうです。
コメントをたまにくださるお洒落な方からのお勧めもあって、以前から気になっていたので予約して購入(その時の記事
なんと言っても驚きの激安価格なんです。
4000円しないんですよっ!!

上半身デブのくせに足は細いわたし…
筒部分のガブガブ加減がやや気になりますが、安いけまぁ~いっか。



002 (188x250)そんで、今月は安い靴をもう一足購入。
先々週くらいに買ったBENSIMONのスニーカー。
これまた4000円くらいの激安スニーカーです。
クタっとした感じで、履きやすいです。
なんちゅっても、革靴みたいに気にかけずに済むってのがいいです。
踵潰そうが、踏まれようが、擦ろうが…気にせずOK!!
JRで、peauの革靴ババァに蹴られた時は胸ぐら掴もうかと思ったけどね。
チッと舌打ちして、ガン飛ばしましたが。←(注)このババァは座りたいばかりに周りの人をリュックでぶつかりながら我先にって感じの糞ババァですからね。
誰これ構わず喧嘩売ってるわけではないので、お間違いのないよう(笑)


rose pale

ピンクって実は子供のころから苦手な色です。
子供のころから渋好みだったわたしには、何となくしっくりこない色でした。

自分のキャラ??自分らしくない色ってイメージもあり…


今日は車検の日で、待ち時間に近くの八幡西区市瀬の井上農園へ。
店内は紫陽花がいっぱいでした。
母の日の残りとかもきっと残ってるんでしょうが…
買うつもりもなかったのですが、やっぱり買っちゃいますね。
しかも車検代が不備もなく、ビックリ激安価格で済んだもんでっ。

038 (188x250)
アジサイ‘マジカルコーラル’

今日はどうしたもんか??
いつもだったら絶対に手にしない花色の紫陽花です。

西洋アジサイでも、わたしは水色の普通の花が好きな人なんで…

でもこれ絶対秋になったら、いい色合いの秋色アジサイになる品種だと確信しました。


039 (188x250)
でも、今の段階でもピンクピンクしてなくってニュアンスのあるいい色合いです。

少しピンクも青みがかってるし、合わせやすい花色かな~なんて思ってます。

とりあえず、コンテナ栽培で土質を調整しながら好みの色合いに育てていけたらいいなー、なんて思っちょります。



036 (188x250)
そして、このアジサイを選んだらなぜかまたピンクの花が欲しくなったのです。
今日は何か変です…

ラヴェンダー アロマティカ

完全に暑さに弱いタイプのラヴェンダーっぽいのですが、この淡ーぃピンクにやられました。


037 (188x250)
鉢花を買った日は、やっぱりじっくりと眺めたくなるのです。

即席でテラコッタにポンと入れて、目に付く場所において一晩今日はじっくり鑑賞します。
「奥に映ったチランジアとこのラヴェンダーの葉色が合うやん」とか「白のインテリアにピッタリやん」とかブツブツ独り言をつぶやくのでした。

頭痛い奴みたいになるのです。


035 (250x188)お部屋で育てられたらホンにいいんですが…
お日さま大好き、風通し大好きなラヴェンダー、明日にはお外に出さんな可哀想やな…

そのくせ、暑さに弱いとは~、困ったちゃんやね~。
でもかわいいけ、許すけどさ~(笑)



因みに今日も井上農園の接客態度、悪かったでーす。
レジに並んでも一向にレジ打たず、わざと「ここのレジ出来ないんですかね??」っち言ってやったけどね。


で、我が家のrose pale、淡い桜色のバラ、ポールズヒマラヤンムスクが満開です。

011 (188x250)



先日upした時よりも咲き進んだため、ピンクが淡い色合いになりました(その時の様子


014 (250x188)


ふわふわ~っとした淡いピンク色がかわいらしいです。


012 (188x250)


少しこちらも色があせたクレマチス‘ブルージェム’とも相性バッチシです。


015 (250x188)

裏庭を通る時、このバラのトンネルを抜けるのです。
下から見上げるとこんな感じ。
葉色も明る目の優しいグリーンなので、淡いピンクとも抜群に合ってるんです。


016 (250x188)

外の道路側から見たらこんな感じ。

随分離れたとこにもポンポンと咲いています。
良く蔓が延びる品種です。


017 (250x188)良く見ると、うちの外壁にも合ってます。
たまたまですが…

病気・害虫に侵されていないので葉っぱも綺麗だし、花の美しさが引き立ってます。

植物だって健康第一です。


la pivoine

007 (250x188)
純白の芍薬が咲きました。

北側の庭、柏葉アジサイや桑の木の株元です。

「見て!!見て~」ってな感じでフェンスからひょっこりと顔をのぞかせています。


008 (188x250)

ズズズいーっとupしてみました。

美人さんです。


こんな大ぶりな花なのに、この純白ってとこが上品で気品高い感じでしょ?!


009 (188x250)
お次はちょっと離れて撮影。

この子の邪魔をする他の花がなく、ここのステージの主役は間違いなく芍薬です。

この子が終われば、次の主役は柏葉アジサイです。
今年もまた一段と大きく育ち、たくさんの花房が付いています。

ありがたや、ありがたや。


無事に…partⅡ

先日も記事に書きましたが(その時の記事)、冬に管理しお預かりしていたフルモノと雑貨*chocolatecosmosさんの2鉢目のバラ、イングリッシュローズ‘シェパーデス’も無事に開花した模様です。

チョココス バラ (188x250)多分と言いますか…いや間違いなくお店のオーナーのお姉さんはこの子の名前すら覚えていないことでしょう(苦笑)
きれいに整ったフォルム、良花が咲いたみたいですね。
そして、このバラは香りが本当に素晴らしいのです。
フルーティーないい香りがします。
バラの品種はお任せで当初ご依頼いただいたのですが、店先に飾るので是非お客さんにこのいい香りを楽しんでもらえるようにと思い、選んだのも1つのポイントでした。



鼻水たらしながら、冬場にがんばった成果です(その時の記事

バラもこのバラの持ち主さんもHappyで、それが何よりなのです。
不幸な植物を少しでも減らしたいという気持ちでやってますから、メンテナンス業は…

花が終わった時期も、気にかけて管理してもらえるとバラもわたしもHappyなんやけどね~。

うっかり八兵衛でやんすっ!!

大好きなお気に入りのバラのupを忘れてました。

おぉっっといけねー!!

038 (188x250)
バラ‘ジュリア’です。
この子は、蔓性タイプのジュリア。

ややウェーブした花弁とミルクティーカラーのアンティークな花色。
蕊は銅色っぽい色味で、本当に素敵な品種です。

多花性ではないのか??他のバラのように旺盛に咲きませんが、それもまたこのバラの美しさを引き出してる気もします。


039 (181x250)


きれいです~っ。

腰の痛みも忘れて、ラダーにのぼって撮影しました。



028 (182x250)

ラダーにのぼって熱中して撮影し、ふと目を奥にやると随分緑いっぱいになったアプローチが映り込んできました。
屋根には、ソンブレイユやバフビューティーなどのツルバラが誘引してあります。
わたしはバラだらけの庭より、樹木や他の植物と組み合わせてバラを見せるコーディネートが好きです。


034 (250x203)


脱線しましたが…
再び、ジュリアの様子に戻ります。

同じような写真ばっかですが、いっぱいupしとこーっと!!


036 (250x196)
シックで優し色合い。

部屋のインテリアにも合うので切り花にして飾りたいくらいやけど…美しすぎて、きっ切れない…

貧乏症かしらね~


apres la pluie

今朝まで降り続いた雨も、お昼前に上がりました。
正午前までしっかり寝て、雨上がりの庭散策です。

001 (188x250)

まずは、クレマチス‘プチフォーコン’から…

すっかり開いた花姿の様子です。

前に紹介した時に言いましたが、プロペラみたいでしょ??


008 (250x198)
木立性の品種なので、ツルのように絡まる品種ではないのです。

支柱を立てて立てて咲かせるのもいいですが、わたしはあくまで自然な感じに支柱も立てず枝垂れた状態で花を咲かせています。


007 (188x250)

こちらも同じ鉢のプチフォーコンのつぼみの様子。


少し灰色帯びたシルバー紫が渋くて好みです。
硬質な質感が漂っています。



009 (188x250)

アジサイ‘ババリア’のつぼみもここまで大きくなっていました。


6月のお楽しみです。



013 (188x250)

裏庭パーゴラに絡ませているクレマチス‘ヴィオラ’も咲きだしました。


濃い目の青紫の花色が大好きです。


022 (250x188)

咲き始めは、ややシャープな型のヴィオラです。

咲き開くにつれて、大らかな花型へと変化します。
素敵なクレマチスです。



024 (188x250)
このツンツン丸刈りくん、な~んでしょ?

答え ゲウム‘イエローレッドブラウン’の花後です。

モシャモシャッとしてかわいいです。
スカビオサやゲウムの花後の様子は個性的で画になる花材です。

株の老化を防ぐために、花柄は程々に楽しみまーす。



019 (250x188)

純白のクレマチスも咲いています。
品種は不明ですが、よく返り咲きする品種です。

白と紫は大好きな色です。



011 (188x250)バラ‘ホットココア’も雨上がりの庭でひっそりと咲いていました。
花弁が波打って見えませんか??

実はこれ、つぼみの段階で1/3シャクトリムシに食害されたせいなのです…(怒)
目を凝らして探しましたが見つからず、諦めてスミチオンを散布したらボットリ落ちてきました。
まさに枝の色と同化してました…

このつぼみを剪定し、2番花まで待とうかとも悩みましたがそのままにしてみることに。
←で、咲いた状態がこれなのです。



015 (250x188)


最後は5分咲きのツルバラ‘ポールズ ヒマラヤン ムスク’です。


018 (188x250)
我が家にしては、愛らしすぎるほどの花材であります(笑)

さくらピンクのSP咲きのバラです。
乙女な花姿です。


かわいらしい姿といい香りに誘われて昆虫も来ていました。


016 (188x250)


バラの香りを楽しみながら、裏庭散策。

贅沢な季節です。
ガーデナーの特権です!!


017 (250x188)まだまだ半分はつぼみが付いています。
花柄もまだないので、きれいです。

雨上がりに日が射すと一気に花がダメになってしまうので、今日の涼しい気温は少しでも花を持たせたい私にとってはありがたいのです。


021 (188x250)


咲き始めは、ピンクがやや濃くだんだんとほんのり淡いピンクに変わっていきます。



腰の状態が良ければ、コンテナを移動してディスプレイ変えをしたかったのですが今日は断念です。
なかなか思うようには事が進みませんな…

一難去ったかと思いきや…

先日、だいちゃんの体調不調のことを書きましたが…
今日は、再診の病院day。

だいちゃんどうやら、右耳の聞こえが悪くなってるそうです。

言われてみると確かにわたしが帰宅したら我先にと飛び出してお迎えに来るのですが、そういえば気付かないまま寝ていたなー
風邪で体調が悪かったせいかと思っていました。

言われて気付いたことに何とも言いようのない気持ちでいっぱいなんです。

__ (250x247)
なんでこんなにかわいいだいちゃんが病気にならないけんの??
ちょっと見て下さいよ!!
このかわいらしさっ!!

こんなかわいい存在が、病気にかかるなんて…
あり得ない…



そして、わたしの腰も限界寸前。
腰の痛みはじわじわと下降し、臀部にかけても痛みが広がってきました。
終いには、太ももの裏側にまで痺れが出てきました…
唐突に出るくしゃみにまで響き、恐怖です。

可能ならば、だいちゃんの痛みもこの腰の痛みに負担してでも変わってあげたい。
だって、何度も言うようですがこんなにかわいいんですもん!!

だい豆の風邪

実は昨日からだいちゃんの体調が悪かったのです。
ブログにも書けないくらい、心配で心配でたまらない一夜を過ごしました。

昨日の朝は、出勤前でバタバタ…
だいちゃんに挨拶なく慌てて家を出ました。
帰宅した夜…
いつもなら鉄砲玉のように勢いよく飛び出しお迎えに来るのにその姿がありません。

慌ててだいちゃんの様子を見に行くと帰ってきたことにも気付かず、冬もののモヘアのセーターを被せられた状態で寝ていました。
母いわく、朝からブルブルと震え1日寝てばかりだったようで、鼻はカラカラに乾いていました。
静かな暗い部屋に移動させ、添い寝をしているといつもより呼吸がはやい。

今日予約していただいちゃんのcut美容院も急遽キャンセルの電話をし、トリマーさんから「だいちゃん心配ですね」の一言でウルッときました。
自分のことに関しては、まぁどうにかなるやろとか成るようになるでしょ、みたいに楽観主義のわたし。
だいちゃんのことに関しては、良からぬことをたくさん考えてしまいます。
元気の時で際、だいちゃんがいなくなったらどうしようとか考える始末です。


一夜明け…
今朝は昨日より少し元気。
いつも程ではないですが、尻尾を振ってわたしのお腹と太ももの隙間に入り込んできました。

朝、病院で血液検査をしてもらったところ白血球の数値が少し多いくらいで特に異常なし。
季節の変わり目で、昨日は気温が急に下がって寒かったので体調が悪くなったのでは、との診断。
何はともあれ、人間で俗にいう風邪って奴でしょうか。
安心の診断結果が聞けたら急に気分が楽になりました。

今日は、だいちゃんをサロンに連れて行きそのあとJRに乗って小倉まで出てお散歩予定を立てていましたが、こんなことになりおジャン。
だいちゃんは数日安静にしておきます。

改めてだいちゃんの大事さは日々感じない日はないほど大切にしていますが、元気に毎日いてくれることのありがたさを実感した昨日今日でした。


045 (188x250)
なので、前の職場で一時期一緒に働いていた人とスタバでお茶しました。

手前のわたしは、ソイ ストロベリー クリーム フラペチーノ。
こってり豆乳が苦手なわたしですが、さっぱりとして美味しかった。
イチゴのつぶつぶ感もきいてました。

←すっかり飲みかけの写真を… 



主役交代

ラッシュの庭は、次々と主役交代がなされています。

038 (250x188)
我が家に3株あるナニワノイバラも早くもすっかり花が終わり、僅かに数えきれるほどしか咲いていません。

この子は、東~北側にかけての裏庭で地植えで育てている子です。



002 (250x188)
アプローチの戸井に誘引しているバラ‘バフビューティー’
コンテナ栽培で、根が回りきっているのか年々花数が減ってきました。
ツルバラの植え替えは、なかなか大変でどうした物かと考え中。



034 (250x188)


もうじき株いっぱいに咲く遅咲きのバラ‘ポールズヒマラヤンムスク’
1季咲きですが、開花時期は桜の様な見事さです。


025 (250x188)咲き始めはピンクが強く、わたしにしてはかわいらしい感じの花材選びですが、満開時はほんわりと淡いピンク色になります。
コンテナ栽培の時はほんとすこーししか花を咲かせずいましたが、地植えにした途端待ってましたとばかりに大きく育ちました。

この子の満開時の写真を撮るのが今の楽しみです。



きっかけ

わたしはロザリアンではないのですが、バラの魅力にハマったきっかけとなったバラ。
オールドローズのソンブレイユ(Sombreuil)が5分咲きです。

014 (188x250)

人がビックリするんですが、実はコンテナ栽培。

屋根まで誘引して10mはツルを伸ばしています。

←この写真も実は屋根に上って撮影。


013 (250x188)

018 (250x188)フランスのバラらしい、エレガントで優雅な花姿です。
大輪咲きで、花弁数がとっても多い。
しかも高い位置に誘引しているもので、花が散った時の掃き掃除は大変です(って、大半その役割は母ですが…)
だけどその労をねぎらってくれる、美しいバラです。


022 (188x250)
ロゼット咲きの花型です。

真っ白ではなく、クリームホワイト系の色です。
本当に優雅な姿です。

小さな3号ポットの新苗から育てました。
成長も早く、あっという間に屋根まで達しました。


cadeau

012 (250x188)東側の庭のクレマチス ハンショウヅルがすっかり終わりました。
←満開時期の様子(2012.4.24)

葉の形もぶどうの葉のように切れ込みのある素敵な葉なので十分鑑賞に値する花材です。
その隙間から、ツルバラの枝がヒューンと伸びているのは知っていました。
もちろん自分が植えたわけでもないし、家族が植えたはずもない。

一体なんのバラなのだろう??

10年前に育てていたミニバラ‘カクテル’が勝手に根付いて巨大化してたらどうしよう…
ここにあの赤い花が咲いたらどうしよう…
なんて考えたりもしたのです。



で、そんな心配はご無用でございました

026 (250x188)何ともかわいらしい、野生の野バラでした。

嬉しい!!
ってか、なんで??

誰がこんなかわいらしい野バラを我が庭に運んできてくれたんでしょ。


031 (250x188)


思いもよらぬ、素敵なプレゼントにテンションあがります。


032 (250x188)


他の庭の植物たちとも抜群に合いますやん。


030 (250x188)こんなに大きく育ってますが、花を見たのは今年初めて。
まぁ、咲いていたのかもしれませんが目に付く程の花数ではなかったのでしょう。

1/3のつぼみがバラクキゾウムシにダメにされてました。
畜生!!
育てているバラには予防の為、スミチオン散布してたけどこの子は何のバラか不明だったので散布してなかったのです。
ごめんね、来年は気をつけてあげるね。


配色

011 (188x250)植物を組み合わせてコーディネートするのが大好きです。
何より一番大切なのが配色です。
花色・葉色…と開花時期なども見越して素敵な演出が出来た時、とっても嬉しい。

←こういう、シックな組み合わせがここ数年マイブームです。がっつり流行に乗ってるのもありますが…

黒灰色のラティスの前は、ヒューケラ‘オブシディアン’や黒葉プリムラ‘ドラムクリフ’、茶系の花を咲かすゲウム‘イエローレッドブラウン’などのシックな花材のコーナー。


003 (188x250)
ダイアンサス‘ブラックベアー’もここのコーナーの花材とよく似合います。

今日は、一つだけ花が咲いていました。

個人的にはつぼみの段階だけでも十分かわいい、個性的な花材です(蕾の様子はここからどうぞ※一番下の写真です

ヨトウムシが付きやすいのが難点です。


005 (166x250)
素敵です。

黒っぽい深いバーガンディーのオブシディアンとブラックベアーの色とのつながり。

その間にすく~っと伸びたゲウムがリズムを加えます。


007 (188x250)クレマチス‘プチフォーコン’も一輪つぼみが緩んで蕊が見えました。
新枝咲きの四季咲き品種。
剪定が楽チンなので助かります。

いい色ですね、シックで落ち着いた上品さがイイ感じです。

完全に開くと風車??プロペラ??みたいな花型になります。
今日は晴れてますが気温が低い。
お昼には完全に開くかな~


無事に…

仕事から帰宅し夕飯をすませひと段落ついてする日課が、PCを開いてmailチェックし→人のブログを拝見し(だいたい毎日見るブロガーさんは決まっていて、5件くらい)→ネタがあれば自分のブログも更新ってな感じでこの時間帯は過ごしています。
今日は木曜日。
アメトーク始まる前に済ませんな!!すぐ熱中してすっかりTVを見逃すことが多々あるわたしです。

フルモノと雑貨*chocolatecosmosさんのブログもだいたいほぼ毎日訪問します。
って言っときながら、今日は2.3日ぶりくらいだったようです。
冬季に店先に飾るバラを毎年メンテナンスでお預かりしています。
そのバラが今年も無事に立派な花を咲かしているようで、ブログにupされていました。

chocolatecosmosジュリア (188x250)今年の冬はとっても寒かったので芽吹きも遅く、また自分都合で例年よりやや早めにお返ししていたので少し心配していましたが(その時の記事)無事に花芽を伸ばし立派に咲いているみたいです。
ほっと一安心。
店先を素敵に演出してくれているようです。
3鉢お預かりした中の画像の子は‘ジュリア’のようです。
お近くの方は是非、このバラたちとお店のおねえさんに会いに行って下さいね。
フルモノと雑貨*chocolatecosmosさんのブログより拝借

*shop*
address : 1F 11-4-1 hunakoshi yahatanishi-ku kitakyushu-city hukuoka japan
open : am11:00~pm4:00
close : wedneday&sundaytel : 090-5945-3064



いただきもの

006 (188x250)昨日郵便でおくられてきたプレゼント。
買い溜めたもので使わないから使って下さい…とのこと。
それを、わざわざわたしに届けてくれる気持ちがとっても嬉しかったです。

昨日のブログでも書いた、実は顔も知らないし実際にお会いしたこともない年上の女性の方からです。
東京のお住まいで、とっても洗練されたファッションセンスをお持ちの方。
アラサーのわたし、アラフォーになったらこういうセンスになっていたいなって感じです。

人から言われて嬉しい褒め言葉って人それぞれ色々ありますが、感覚的なことを褒められるのってとっても嬉しいです。
たとえば「お洒落やね」とか「センスいいね」とか。
あと「字がきれいやね」「絵がうまいね」とか。
感覚のいい人に魅かれ、そういう人から刺激を受けて、センスを磨いていきたいな~。
Hさんみたいな刺激をくれるお洒落な年上の女性ってなかなか地元にはいないし、こういうご縁が繋がってることが不思議で嬉しくもあり自慢です。

恐ろしくセンスの悪い北九州人…
田舎もんは、外からの素敵なひとから刺激を受けてしっかりと見直さんとっ!!いかんのよ(苦笑)
田舎もんは大変、大変なのであります(・。・;

人それぞれの世界

駅ビルの一角、期間限定でお花屋さんや雑貨屋さんなどがお店を出しています。

今は、一生もんSHOP 緑々さんが期間限定ショップを出してました。
最初はフェアトレードっていうのに目が行き、よく見たら紙もの発見!!
そう前にも申しましたが、わたし意味もなく紙ものを集める傾向にある人です。
008 (250x188)紙もの定番の葉書。
今回choiceはこの3枚です。
左からぱんとたまねぎさんの「恋もパンがあってはじめて甘い(ユダヤ)」って葉書。
真ん中と右は、chiqon(ちきゅうおん)さんの葉書。
いいでしょ??シュールとユーモアの融合ってな感じで、思わずニヤっとするイラストです。


009 (250x188)これもchiqon(ちきゅうおん)さんのイラストの便箋。
早速、今日お手紙を書くのに使いました。
で、お会計にレジに行ったらお店番の方が作家さんだったのでした。
「わたしが書いてるイラストなんですよ」だって。
わたしがじっくりニヤニヤ選別してる姿、きっと作家さんなら嬉しかったんじゃないかな~??
「コンプレックスのある人をモデルにしたイラストなんです」とのこと。
‘コンプレックスか~。コンプレックスこそが人間の個性やし、コンプレックスのない人間ってどうなのよ??’
‘自分の嫌なとこ9個あっても好きなとこ10個あればOKでしょ!!’なんて思ったわたし。
じゃあコンプレックス、何?と聞かれたら「鼻が低いとこ!!」とかそんなんしか思い浮かばんのやけど…
でも、こんな味わい深いイラストになるのもその人たちのコンプレックス=個性やん。
面白い!!
人の画や字を見るのが好きなわたし。美術鑑賞もその一部です。
この作家さんの世界観がチビっとだけ見れた気がしました。

5/15(火曜)すみっこにて青空市ってのが開催されるそうです。
ほぼ毎月15日、晴天に開催されてるそう。
知らんかった~、なんかこういうイベントっち土日祝日が多いけ平日にもってのが嬉しい。
火曜は仕事も休みやし行けたら見にいこっかな~。

Riversidecafe EG 北九州市小倉北区船場4-27パッケージプラザカワノビル1F
12時~17時

005 (250x188)これも買った、お魚柄のバンダナ。
木型でプリントされ天然染色で色づけされたフェアトレード商品です。
一目惚れしたのやけど、今日プレゼントを贈ってくれたある人にお返しのプレゼントで贈ることにしました。
今日のコーディネートでJ.S luxeのノベルティーもこの方からプレゼントで頂いたものです。
実際お会いしたこともない人なんですが、わたしの憧れるアラフォー(このことも今日知った)女性、とってもお洒落な人です。
お洒落、ファッションも人それぞれの世界やんか。
わたしもアラフォー近くなったころにはダニエラとか着こなしちゃって、もうちょっとランクの上がったお洒落を颯爽とできる女になりたい。
クソばばぁの年齢には、真知子巻きが様になる女になりたいばい。
ワコールセールでワゴンをほじくり返す、あんなクソばばぁにゃーなりたくない…(猛毒)


ぴら~っと小倉へ

先日からの腰痛は、いよいよ悪くなるばかりで腰から尻にかけて痺れまで生じてきました。

そんな中、今日は仕事も休みやし井筒屋のワコールバーゲンへ。
お目当てはtsumoriのナイティーだったのですが収穫なし…

そこで、三十路を越えてデザイン重視のショーツは尻の肉がきちんとホールドできずプルプルと揺れる感じが…
そこで、ピタッと気もちいい機能ショーツ2枚と汗取り用インナーを買いそそくさと退散。

小倉井筒屋で行きたくなるショップは唯一本館4Fのマーガレットハウエルくらい。
シンプルなTシャツを探しに物色。
なかなか探し求めてる型はそう見つからず、店員さんに聞いたインポートを取り扱ってるセレクトショップが小倉駅ビルにあると聞いて、たった一区間の移動の為再びJRに乗り駅ビル到着。

お目当ての1店舗目のBAYBROOKは、店員のセンスが…
もう一店舗同じ系列のショップにはpyjama clothingのTシャツもあって、お店の方も親切で買おうか迷ったけど、やっぱり袖の短さと形が気になるので断念。

すぐ横にDOUBLEDAYというインテリアショップがあり、少しだけ洋服の取り扱いもある中、ここでもpyjama clothingのTシャツが取り扱っていました。しかも、BAYBROOKより型数も多いので再び物色していたら、お店の方に試着を勧められ3型試着しました。
試着の結果…上半身デブのわたしには、ちょっとピッタリしてる気が…
首の空き具合が良いものは袖が短かったり、袖がちょうどいい長さのものは首の空きが胸元まで深かったりと。
「やっぱり着てみないとわからないもんですね」なんて店員さんと話し、とっても感じよかったので義理堅いわたしはなぜかリブ編みのタンクトップを一枚買うことにしたのでした(笑)
007 (188x250)初めて見るブランドタグだったので「なんていうブランドですか?」と伺ったところ店員さん「ど忘れしてしまいました。何だったかな??」と慌ててブランド名を調べだしました。
「いいです、いいです。ちゃんとしたチャッチーとこのではないんですよね?」と聞いたところ「日本製で、こだわって作ってるブランドです」とのこと。
なのでブランド名は不明。
4000円ちょっとくらいでお値段もお手頃でした。
買ったものは試着もせず、試着した物は買ってないという矛盾に帰ってから気付く私。


コーディネート

002 (127x250)

・リネンシャツ(母のhandmade)
・スカート(Vlas Blomme)
・スカーフ(J.S luxeノベルティ)
・ミニショルダーバッグ(CHRISTIAN PEAU)
・レースアップシューズ(CHRISTIAN PEAU)

またまた、久しぶりのコーディネートを撮ってみた。
母にオーダーで作ってもらったハードマンズリネンのシャツ、お気に入りです。
クレイの色味、柔らかすぎず硬すぎず好きな質感のリネン。
ここのハードマンズ社のリネンはどれも色味が素敵です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。