庭の花と日々つれづれ・・・ 2013年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年05月
ARCHIVE ≫ 2013年05月
      

≪ 前月 |  2013年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

見直す

ガーデニングを本格的に始めた20歳のころ。
あの頃は、花がワサーっと咲くのが嬉しくてペチュニアやらサフィニアやら育ててました。

でも2.3年もすると何か花だらけで色がごちゃまぜの庭に疑問を感じ
ハーブガーデンに移行しグラスガーデンにまた移行し
もう派手でケバケバしい花色が多かったペチュニアやサフィニアは
随分ララバイだった庭なのでした。


でも、時は経つと素晴らしい品種改良家の方が素敵な花色を開発して下さるものですね。
花つきを良くする改良から→センスの良い花色を作り出す改良に。
あ~なんて素晴らしいお仕事なんでしょ。

020 (250x188)

021 (188x250)

ペチュニア‘リップグリーン パープル’
縁にグリーンが入ってとってもお洒落でアンティークなカラーリングです。

022 (237x250)

ペチュニア‘ブラック ベルベット’
渋くてかっこいい、去年も育てたペチュニアです。



スポンサーサイト

ホルディウム

去年の春に種まきし、なんとか夏を越し→冬は枯れちゃったのかと思いきや
何と穂が出てきました。

まぁ、なんて美しいこと。
サラサラの妖精の髪の毛のようです。
余談)昔ティモテってっていうシャンプーがありましたが、最近再販されてるんです。
むっちゃ泡立ち良くなって、しかもノンシリコンで。お勧めです(笑)

話は戻りますが、何とも繊細な草姿で倒れやすいのが難…
ディスプレイでフォローするしかありませんね。

018 (250x188)

019 (250x188)

028 (250x188)

030 (250x188)

しゃららら~ン。

クレマチス

バラとの組み合わせ相性NO1と言えばクレマチスですよね。
クレマチスは母が私より先に育て始めた花です。

環境に適応さえすれば、よく花を咲かせてくれます。
バラのように品種もたくさんあるし、花の様子も種類がいっぱい。

015 (188x250)

016 (250x188)
018 (250x188)

‘ブルージェム’
冬の寒い時期にもまさかの花を咲かせたり、とにかく強健。
淡い藤色の花とスモーキーなラゴディアとの組み合わせが気に入っています。
後ろにちらちら見えるバラの蕾は、‘ポールズヒマラヤンムスク’
もうすでに今は満開を越し、終わりがけになっています。



014 (250x188)

昔からあるテッセンと呼ばれる‘フロリダ’
凛として和洋どんな庭にも合う美しい品種です。
大好きな白と青紫の組み合わせも私好みなのです。



015 (188x250)

新枝咲きの‘プチフォーコン’
咲き終わりはこんな感じでプロペラ状になります。
今年は随分、つぼみの時期に害虫にやられちゃいました…



027 (188x250)

深い青紫が美しい‘ヴィオラ’
これは母が育てているクレマチスです。
たくさん毎年花を咲かせてくれています。
随分高いとこにたくさんの花を咲かせてますので、写真におさめきれず…
桑の樹の陰でひっそり咲いている一輪を映してみました。




他にも、この前紹介した‘ルリオコシ’や写真を取り逃した‘ジョセフィーヌ’(去年の画像
白万重などなど、至る所にクレマチスがおります。

バラ ‘ポールズヒマラヤンムスク’

我が家のバラたちは、ほとんどコンテナ栽培なのですが
ポールズヒマラヤンムスクは朝日の差し込むバラにとっては特等席に
地植えして育てています。
とにかく旺盛に良く育ってくれています。
一季咲ですが、満開時の花の多さは圧巻です!!

003 (250x188)

004 (250x188)

005 (188x250)

こぼれんばかりに桜ピンクの小花が房状につきます。

008 (250x188)

お花のupはこんな感じ。
ポンポン咲きのかわいらしい花姿なのです。

009 (250x188)

010 (188x250)

来年に期待のベーサルシュートもサイドシュートもビュンビュン伸びてます。
来年もたくさんの花を咲かせてくれること間違いなしのようです

ウーリー だい豆

暑くなってきましたんで
先日だい豆をサマーカットしました。

今年もバリカンで短く刈ってもらいました。
母が連れて行ったのですが何と伝えたらいいのかわからなかったようで
「去年は柴の子犬みたいになってましたよ」と伝えたら
トリマーさんがこういうcutにして下さったようです。

046 (300x225)

お顔の素材がいいから、何でも似合うんです~ぅ。うちの子(笑)
←でも本気で言ってますけど、何か??

031 (300x225)

daizu:「僕の裏側もこんなんなったとよー、スッキリしたやろ~??」
watashi:「かわいくなったね~。ウーリーモンキーの赤ちゃんみたいになったね」
daizu: ……(-_-メ) 「そうやなかろうもん(心の声)」

バラ ‘ディスタント ドラムス’

大好きなバラ、
ディスタントドラムスが開花しました。

本当に美しい花色。
特に咲き始めの頃のグラデーションがきれいです。
数日後には単色の薄いピンクになるのですが
写真の頃の花色は絶品です!!

001 (188x250)

少し近づいて、もういっちょパシャリっ

002 (188x250)

ねっ??
うっとりとするような素敵な花色でしょ??

バラ ‘ジュリア’

花屋に勤めていた時に、なんて素敵な色のバラ!!
と感動したのが、ジュリアでした。

何でこうも素敵な花色が出てくるんだろう。
シックで上品で、やさしいアンティークカラーのバラ‘ジュリア’

日の影ったところで、ひっそりと上品に咲く姿がお似合いです。

020 (250x188)

019 (250x188)

ノイバラ

4月はハンショウヅルが見ごろを迎えていた場所です(その時の様子

何処からともなく出てきて、去年から花を咲かせていますノイバラ。
もともと日本に自生している品種だからか、
肥料もやってないし・花柄も摘んでないし・土質も悪いけど…
良く咲いております。
なんでここに生えてきたのかが不明なのですが
とっても素敵なプレゼントを頂いた気がしています。

002 (250x188)

004 (250x188)

006 (250x188)

003 (250x188)

可憐で、野趣いっぱいの花姿です。
本当にかわいらしいバラですね。

なんだかんだで可愛がる…

猫苦手と言いつつも…
なんだかんだで、まんまるはかわいいと思うわたしなのです。

まんまるは、エキゾチックショートヘアという猫種なんだそう。

001 (187x250)

箪笥と壁の隙間から出てきません。
だい豆がお怒りになるので、怖がってここの隙間で固まってました。
これは、妹がGW帰省して2日目の様子。

まんまるは、なんとか愛せそうです(笑)


クレマチス ‘ルリオコシ’

5/1撮影した、クレマチス‘ルリオコシ’

クレマチスの中でも大好きなルリオコシです。
淡い藤色と繊細なフォルムが、本当に美しい花。
たぶん、これからもずっと大好きな花です。

001 (250x188)

003 (188x250)

004 (250x188)

006 (250x188)


北九州市立美術館 本館 「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」

楽しみにしていたルーベンス展に行ってきました。

ルーベンス=フランダースの犬 って連想してしまいますね。
ネロが神々しいまでに美しいルーベンスの絵画を見ながら、
天国に旅立つ姿が印象的でした。

本当に気品あふれて美しいバロック絵画。
ルーベンスご自身も聡明でやさしい美しい男でした。





私は平和を愛する人間であり、策略やあらゆる種類の紛争をペストのように憎悪しています。
そして、心の平穏の中に生き、公的にも私的にも、多くの人々の為に役立ち、
誰も傷付けないことこそが、全ての名誉ある人物の第一の願いであるべきだと信じています。
全ての王と貴顕たちがこのような見解であるとは限らないことを残念に思うのです。
王たちが犯すいかなる過ちにも、民衆は苦しむことになるのですから。

1635年8月16日
ルーベンス、ペレスクに宛てた手紙より




これを読むだけでも、こんな人物が描く世界を覗きたくなるでしょ??
観に行く価値はありますよ。


ルーベンス (183x250)

ルーベンス 自画像


ルーベンス2 (348x350)


ルーベンス3 (209x250)







ねぇさん!!事件です!!

ビックリというか、まさか人生でこんな経験が起こるとはっ!!
ってなぐらいビックリ事件なのです。

妹が猫を飼っていたのです。
名前は、まんまる。

さすが私の妹。
ネーミングのchoiceが、「そら豆」「だい豆」に通ずるもんを感じました。

なので妹が帰ってくる度に、我が家にこのまんまるが来ることになるのです。
ちょっとまだ猫に対してどう接すればいいのかモヤっと感が漂っているわたし…
でも、鼻ペチャでぶちゃかわいいまんまる。
なかなか猫にしてはいい顔しとるやんと、早くも親バカ発揮なのでした。

011 (250x188)

009 (250x188)

どうした!!
鼻に何かぶつけてきたのかいっ??てなくらい、ペッチャンこです。

シロモッコウとナニワノイバラ

バラの季節到来です。
写真は4月27日に撮影分です。

今日は若葉寒で強風がすごかった。

枝がしなって、ぶつかって…
スモークツリーの枝やネムノキの新芽がポキリと無残な残骸も。


そんなこんなで、不安定な天気や害虫にハラハラしてますが
かわいく咲いてくれる花たちに毎日感謝です。

003 (250x188)

まずは、白モッコウバラ。
旺盛なモッコウバラを鉢で育ててます。
ここ数年は、根鉢もパンパン状態で花つきが非常に悪かったんですが
思い切って古枝をバサバサと剪定したおかげ、昨年より花つきがグンとup!!

005 (250x188)


お次は…

001 (250x188)

ナニワノイバラです。
純白の一重の大きめのお花が目を引きます。

002 (250x188)

花って何でこうも幸せな気持ちにしてくれるんやろ??
かわいーな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。