庭の花と日々つれづれ・・・ 2013年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月
ARCHIVE ≫ 2013年06月
      

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

桑の木

花屋に勤めていた時に
「売れ残って処分するから、いるなら持って帰って~」
と言われて、特にいらんけど持って帰るかと思って持って帰った桑の木。

持って帰って2年、窮屈なポットのまま放置し
ついに枯れてしまったのかな~なんて思って何気なく地植えした途端
まぁ、よく大きくなったこと。

DSCF2226 (188x250)

この豪快すぎて美しさを通り過ぎてる(笑)柏葉アジサイの上に見えるのが桑の木。
一定の歳をこえた人たちには「懐かしいですね、これ桑の木でしょ??」
なんて言われることが多い人気者です。
数日前も見ず知らずのおばちゃんから、「桑の実分けてくれませんか?」という問い合わせが。
うちはジューンベリーも桑の実も食すために育てておらず、鳥の餌や観賞用に育ててます。
だから「どうぞ~」ってな感じです。
それにしても、おばちゃんって知らない人にまでそんなお願い事を恥もかき捨て出来るとこが
たくましいな~と感心しちゃいます(笑)

DSCF2228 (250x188)

実のなる木が庭にあるのは、子供のころからの夢だったのです。
実といってもベリー系のちょっとわたしの中ではお洒落な果実。
子供のころに住んでいたもう一軒の家は、柿や梅などで…
なんか違うんよね~、なんて子供心に感じていたのを思い出します(^^ゞ
スポンサーサイト

アナベル

花の世界にも流行ってあります。

当時の流行にのって買ったアナベル。
コンテナ栽培にも関わらず、毎年見事な花房を付けてくれる
確かな優等生です。

普通の紫陽花と違って、新枝に花を付けてくれるので
春に思い切り、バッサリと切り詰め(地際10㎝くらい)※内心いつもハラハラします
気付けばグングン成長し、この時期見事な花を付けます。
大きいものでは、大人の頭以上の花房を付けることもあり
驚かされることもしばしば。

繊細で純白の優しい雰囲気のアナベル。
ナチュラルガーデンの名残ですが、見事な花姿です。


DSCF2231 (250x188)

DSCF2218 (188x250)

ちょっと今更咲き出したホットココアの赤が邪魔ですね(^^ゞ

DSCF2213 (250x188)

本当にきれい。
今年もたくさんたわわに咲いてくれて、ありがとう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。