庭の花と日々つれづれ・・・ 対照的
TOPスポンサー広告 ≫ 対照的TOP庭の花のこと ≫ 対照的

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

対照的

001 (320x240)

朝晩涼しくなる秋に芽吹き10月~11月に花を咲かせる冬咲のクレマチス、ジングルベル(Clematis cirrhasa 'Jingle Bells' )
クリスマス近い今の時期は花はすっかり終わって綿毛状に。

クレマチスは花も素敵ですが、花後の種子の様子もとても魅力的です。
以前は株が老化するからと思い、花弁が散ればすぐに剪定をしていたのだけれど植物の自然なサイクルにまかせ今はそのままにしています。

緑の少なくなる庭に彩りを添えてくれるジングルベル。


そして…その一方、

002 (320x240)

すっかり落葉し、花穂だけ残ったミナヅキ(Hydrangea paniculata cv. Grandiflora)。
立枯れた情緒ある景色が冬の庭の演出に欠かせません。
アナベルは花後剪定して今年すべてドライフラワーにしたので、ミナヅキはそのままにしていました。
暑い季節にさわやかな白い花穂を沢山つけてくれて、冬にまでこんな素敵な風景を。
手間もかからず、お利口さんなミナヅキです。
もう少しこの風景を楽しませていただいて、その後強選定と寒肥をしっかりあげますからね。
今年もありがとう。
冬の間ゆっくりお休みしてまた来年もよろしくね。
 
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。