庭の花と日々つれづれ・・・ 2012.May 庭記録(アプローチ編)
TOPスポンサー広告 ≫ 2012.May 庭記録(アプローチ編)TOP庭の花のこと ≫ 2012.May 庭記録(アプローチ編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

2012.May 庭記録(アプローチ編)

冬はあんなにネタ切れだった庭も、今はどこもかしこも活力がみなぎっています。

5月の庭の記録

034 (300x225)


まずは、アプローチから~




003 (225x300)


すべてコンテナ栽培で作ったアプローチ。
季節に合わせて、鉢を移動しディスプレイを楽しんでいます。

今は何と言っても主役はクレマチス‘ジョセフィーヌ’


006 (225x300)

もうじき、アリアム‘ギガンジューム’やジギタリス‘コーヒークリーム’も咲きだします。



春の花は終盤を迎え、初夏~夏の花に移行です。


033 (200x250)

入ってすぐ右の鉢のバラは‘ホットココア’
わたしにしては珍しいchoiceのバラですが、茶を含んだ穏やかな花姿がお気に入りです。

花色が目立つので、後ろにはディアボロ等の銅葉でシックにコーディネートするようにしています。


013 (188x250)



銅葉の葉色と瑞々しいグリーンの葉色のコントラストです。


ドドナエナの花が今咲いています。


036 (188x250)


こういう、地味だけど雰囲気のある花色・葉色の組み合わせが大好きです。

ヒューケラ、ドドナエナの銅葉・クリスマスローズの黒花の組み合わせ。



014 (250x188)この鉢は、銅葉のディアボロとヘンリーヅタ、カレックス。

花はなくとも、葉の質感だけで十分!!
アンティークな雰囲気が漂う、お気に入りの寄せ植えです。
隙間から、こぼれ種で芽を出した黒葉スミレ‘ラブラドリカ’も春に紫の花を咲かせていました。
「解ってるな~、うちの花たちは」銅葉に紫の花、わたしの好みどおりに勝手にコーディネートしてくれています(笑)


アプローチの鉢には、こんな植物が生活中

001 (188x250)

フサスグリ

艶々のグリーンの果実が宝石のようです。
食べごろは真っ赤なルビーのように色づきます。
暑さにとっても弱く、我が家では夏には早くも落葉します。
きれいな状態は今が一番。
観賞期間が短いので、目立つ場所に今は飾っています。


002 (188x250)

今年初めて株分けしてみたゲウム‘リバレ’

無事に雑菌が入ることなく、2株とも(株分けで2株に分けた)順調に花をたくさん咲かせています。

主張しない花色で、他の植物ともしっくり馴染む素敵なお花です。


009 (188x250)


大好きなセリンセマヨールもきれいに咲いています。
額の部分も色づいた頃が最もきれいな時期です。

うっとりでございます♡


015 (250x188)

ダイアンサス‘ブラックベアー’
黒花系のダイアンサスです。

蕾の今の時期もとってもかわいいです。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。