庭の花と日々つれづれ・・・ apres la pluie
TOPスポンサー広告 ≫ apres la pluieTOP庭の花のこと ≫ apres la pluie

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

apres la pluie

今朝まで降り続いた雨も、お昼前に上がりました。
正午前までしっかり寝て、雨上がりの庭散策です。

001 (188x250)

まずは、クレマチス‘プチフォーコン’から…

すっかり開いた花姿の様子です。

前に紹介した時に言いましたが、プロペラみたいでしょ??


008 (250x198)
木立性の品種なので、ツルのように絡まる品種ではないのです。

支柱を立てて立てて咲かせるのもいいですが、わたしはあくまで自然な感じに支柱も立てず枝垂れた状態で花を咲かせています。


007 (188x250)

こちらも同じ鉢のプチフォーコンのつぼみの様子。


少し灰色帯びたシルバー紫が渋くて好みです。
硬質な質感が漂っています。



009 (188x250)

アジサイ‘ババリア’のつぼみもここまで大きくなっていました。


6月のお楽しみです。



013 (188x250)

裏庭パーゴラに絡ませているクレマチス‘ヴィオラ’も咲きだしました。


濃い目の青紫の花色が大好きです。


022 (250x188)

咲き始めは、ややシャープな型のヴィオラです。

咲き開くにつれて、大らかな花型へと変化します。
素敵なクレマチスです。



024 (188x250)
このツンツン丸刈りくん、な~んでしょ?

答え ゲウム‘イエローレッドブラウン’の花後です。

モシャモシャッとしてかわいいです。
スカビオサやゲウムの花後の様子は個性的で画になる花材です。

株の老化を防ぐために、花柄は程々に楽しみまーす。



019 (250x188)

純白のクレマチスも咲いています。
品種は不明ですが、よく返り咲きする品種です。

白と紫は大好きな色です。



011 (188x250)バラ‘ホットココア’も雨上がりの庭でひっそりと咲いていました。
花弁が波打って見えませんか??

実はこれ、つぼみの段階で1/3シャクトリムシに食害されたせいなのです…(怒)
目を凝らして探しましたが見つからず、諦めてスミチオンを散布したらボットリ落ちてきました。
まさに枝の色と同化してました…

このつぼみを剪定し、2番花まで待とうかとも悩みましたがそのままにしてみることに。
←で、咲いた状態がこれなのです。



015 (250x188)


最後は5分咲きのツルバラ‘ポールズ ヒマラヤン ムスク’です。


018 (188x250)
我が家にしては、愛らしすぎるほどの花材であります(笑)

さくらピンクのSP咲きのバラです。
乙女な花姿です。


かわいらしい姿といい香りに誘われて昆虫も来ていました。


016 (188x250)


バラの香りを楽しみながら、裏庭散策。

贅沢な季節です。
ガーデナーの特権です!!


017 (250x188)まだまだ半分はつぼみが付いています。
花柄もまだないので、きれいです。

雨上がりに日が射すと一気に花がダメになってしまうので、今日の涼しい気温は少しでも花を持たせたい私にとってはありがたいのです。


021 (188x250)


咲き始めは、ピンクがやや濃くだんだんとほんのり淡いピンクに変わっていきます。



腰の状態が良ければ、コンテナを移動してディスプレイ変えをしたかったのですが今日は断念です。
なかなか思うようには事が進みませんな…
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【apres la pluie】
今朝まで降り続いた雨も、お昼前に上がりました。正午前までしっかり寝て、雨上がりの庭散策です。まずは、クレマチス‘プチフォーコン’から…すっかり開いた花姿の様子です。前に...
2012年05月15日(Tue) 15:37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。