庭の花と日々つれづれ・・・ sang
TOPスポンサー広告 ≫ sangTOP庭の花のこと ≫ sang

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

sang

真紅は苦手ですが、血液の様な黒っぽい深紅に魅かれます。

大人っぽく、クラシカルで気品高い。
銅葉と組み合わせた時の情景にハッとすることが多々あります。

030 (188x250)バラ‘ホットココア’

茶を帯びたこっくりとした赤です。
マットな質感と、この花色がこの名前の由来でしょうか。

銅葉のディアボロの葉色、茶色のカレックス‘フラゲリフェラ’と合わせて派手にならないように、この大人っぽい色味を楽しんでいます。
←この花は前回upしたホットココアのようにシャクトリムシの被害のない花です。本来はこんな大らかな丸い型なんです。



025 (250x188)ダイアンサス‘ブラックベアー’

血液の様な黒っぽい花色で存在感抜群です。
つぼみの時も個性的な姿で(つぼみの様子はこちらから※一番下の画像)面白い花材です。
こちらも明るい軽めの色は合わせず、ヒューケラ‘オブシディアン’などのバーガンディーカラーのシックなリーフプランツとコーディネートしています。
その方が断然素敵な演出が出来ますね。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【sang】
真紅は苦手ですが、血液の様な黒っぽい深紅に魅かれます。大人っぽく、クラシカルで気品高い。銅葉と組み合わせた時の情景にハッとすることが多々あります。バラ‘ホットココア’茶...
2012年05月21日(Mon) 05:11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。