庭の花と日々つれづれ・・・ 選択肢
TOPスポンサー広告 ≫ 選択肢TOP庭の花のこと ≫ 選択肢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

選択肢

花柄を摘むことは、ガーデニングをする上でとっても大切な作業です。
株の老化を防いだり、花柄にカビが生えて病気の発生源を断つ、次の花芽を促す…などなど。

それでも、つい花柄を摘まずにそのままの様子を観賞したい植物もいっぱいいるのです。

017 (188x250)

こちらはクレマチスの花後の様子。

茶筅のようなシャワシャワとした髭状の種子が面白くって好きです。
NHKのキャラクター「モリゾー」を思い出す。


018 (188x250)
植物のものとは思えない金属質な質感も好きです。

なんか、鋭く光ってます。

品種はプチフォーコン。開花時の花姿はこちら(click!!)からどうぞ→



006 (188x250)


お次はドドナエア ポップブッシュ。

丸っこい♡型の実が付きます。
質感はシャラシャラとした感じ。
ちょっと貝殻っぽくってかわいいのです。


008 (188x250)

花は地味で、イソギンチャクみたいな紐状の花が咲くんですが正直かわいくない。
花後この実がかわいいのです。

葉色も冬はバーガンディーに紅葉し、少しずつ緑に変わっていく常緑の樹です。
変化が楽しめる素敵な樹木です。



花柄をすぐに摘むか、摘まないかは… あなた次第です(なんかの番組のお決まり文句)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【選択肢】
花柄を摘むことは、ガーデニングをする上でとっても大切な作業です。株の老化を防いだり、花柄にカビが生えて病気の発生源を断つ、次の花芽を促す…などなど。それでも、つい花柄を...
2012年06月19日(Tue) 00:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。