庭の花と日々つれづれ・・・ 大雨と心配ごと
TOPスポンサー広告 ≫ 大雨と心配ごとTOPその他 ≫ 大雨と心配ごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

大雨と心配ごと

004 (188x250)

午前中とは違って、ものすごい勢いの雨が降ってます。
北上する台風の影響で風も強い。
案の定、雨の重みで枝垂れて折れたアナベルちゃんを1本摘んで玄関先に飾りました。

しっかりと昼寝をかまし、仕事の疲れはだいぶ取れた。
人のブログを数件お邪魔して、色んな事を考えるのです。

北九州市は震災瓦礫を受け入れて、がれき処理を始めてます。
この問題は知識もなく、わたしが語れるほどの情報も持ってないので
あえてブログでは取り上げなかった。
怖い怖い…とは言っても、実際福島で瓦礫のすぐそばで生活している
被災者の方もいらっしゃるし、なんかそんな事を言ってはいけない気がしたのです。
でも、国とか市政とかそういったもんには全く信用していない わたし。
「安全」ってこいつらが言っても、もうそれを100%信じる日本人はいないでしょ。
水俣病の問題だって、未だに解決していない。
この震災瓦礫が「安全」ではなくって、何年~何十年後に体に異常をきたしても
それを証明することってかなり難しく、時間もかかり
いわゆる保障や医療救済を受けるまでに体はどんどん蝕まれていく。
まるで、それを狙ったのかのようなやり方が目に見えてる現状です。
この大雨の中、震災瓦礫を焼却し粉塵となった放射能物質が混ざり、
どんどん土中に滲みわたり汚染してはいないだろうか??
そんな良からぬことを想像しても、ぶっちゃけすでにもう後の祭りやな。
なにを「安全」と言い切ったのか、意味不明。
「安全」って、そんなに軽々しいものであっていいのかな?? 
いやいや、イイわけないやん!!

そして、もうひとつの心配ごと。
アイさんとこの溜池にいるカルガモ。
池の水が干上がって、どうもこうもまだ飛び立てない子供は行き場がないそうです。
池の水位が上がれば、もうちょっと落差も減るので飛びあがれるのでしょうが…
すざましい勢いのこの雨の降り方。
逆に流されたり…、体力も消耗してるだろうカルガモの子供、耐えられるのか心配。
11羽いたカルガモの子供は、今日ブログチェックしたところ2羽になってるそうで…
ほんの数日でこんなに減っちゃって、自然の掟ってまぢ厳しい…
これを生き抜く力があってこそ、成長できるってやつなのか??
それにしても、人間の身勝手な行為(釣り糸を捨てる・その他ゴミを捨てる)で
その自然の厳しさに関係なく大大大…迷惑をかけてるクソ人間がおるんよ。
全く、お前の顔じゅう釣り糸ぐるぐる巻きにして傷口から化膿し
ご飯が食べれんようにしたろかっ!!ってな感じやな。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【大雨と心配ごと】
午前中とは違って、ものすごい勢いの雨が降ってます。北上する台風の影響で風も強い。案の定、雨の重みで枝垂れて折れたアナベルちゃんを1本摘んで玄関先に飾りました。しっかりと
2012年06月19日(Tue) 16:42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。