庭の花と日々つれづれ・・・ 女の味方
TOPスポンサー広告 ≫ 女の味方TOP庭の花のこと ≫ 女の味方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

女の味方

福岡は梅雨の中休み3日目。
もうニィニィ蝉も鳴いて、すっかり夏の景色です。

夏が苦手なわたしとしては憂鬱極まりない。
肌が薄いので汗をかくとすぐ湿疹が出るし…
瞳の色が薄い茶色なので、日中日が眼に当たると偏頭痛が酷いし…
夏は、わたしにとって体調を崩しやすい大嫌いな季節なんです。

そんな憂欝な季節ですが、大好きな花木の開花が見られます。

003 (250x188)
セイヨウニンジンボクの花の季節です。

澄んだ水色がとっても綺麗な花木です。
ハーブとしても有効で、女性ホルモンを整える作用もあるそう。



004 (188x250)我が家では、白花も含め5株ほど育てています。
もちろん薬効として利用することはなく、単純に花・葉が好きな雰囲気だから。
上手に利用出来たら、生理痛の緩和にも効果あるのかな??
寒さに弱いらしく、北海道釧路のMさんの所では開花前に寒さが来るのでお花が見られないそう…
冬越しが難しいそうです。
確かに冬に強剪定し(その時の記事)、完全に暖かくなってから芽吹くセイヨウニンジンボク。
寒さに弱いのも納得。



おまけ
セイヨウニンジンボク(チェストツリー)について…

☆黄体ホルモンの急激な減少を遅め、ホルモンバランスの変化に対応します。体のほてり、乾いた膣、目眩、憂鬱のような徴候が、みなビテックス(チェストツリー)で緩和されます。
ビテックスは女性の為のハーブと言われます。

☆女性ホルモンの分泌を調節し、月経や、更年期障害などの症状を和らげるハーブ。ヨーロッパでは月経不順や閉経時に用られる。また、母乳の出を増加させ、抗炎症作用、抗菌作用、抗真菌作用等も報告されています。

☆ヨーロッパで PMS(生理時症候群)緩和に使われてきたハーブ。
実に含まれる成分はエストロゲンの調整に働き、PMS 緩和、またプロゲステロンのレベルを上げる作用あるのです。

だそうです。男性がこのハーブを利用して母乳が出た事例もあるそう(-_-;)
ちょっと、何目的??ってな感じできもいっ…

まぁハーブとして利用せずとも、とっても魅力的な花木です。
爽やかなスーっとする香りのする花木です。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【女の味方】
福岡は梅雨の中休み3日目。もうニィニィ蝉も鳴いて、すっかり夏の景色です。夏が苦手なわたしとしては憂鬱極まりない。肌が薄いので汗をかくとすぐ湿疹が出るし…瞳の色が薄い茶色
2012年07月11日(Wed) 02:54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。