庭の花と日々つれづれ・・・ 福岡市博物館 「特別企画展 幽霊妖怪画大全集」
TOPスポンサー広告 ≫ 福岡市博物館 「特別企画展 幽霊妖怪画大全集」TOP音楽とちょっとアートのこと ≫ 福岡市博物館 「特別企画展 幽霊妖怪画大全集」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

福岡市博物館 「特別企画展 幽霊妖怪画大全集」

いきなりですが…幽霊とか妖怪信じますか??
私そういった類、怖がりな癖に子供のころから興味しんしんです。
っていうか、ほんと子供の頃がっつり2回ほど見ちゃってますので信じないわけにはいかないのです…
でも大人になってからは「わたしのとこに出られても、何も対応できんのでやめて下さい」とお願いしてます。

そんな事はさておき…
7月後半に招待券をもらっていた福岡市博物館の「特別企画展 幽霊妖怪画大全集」を観に行ってきました。
初めての福岡市博物館。
いや~、都会の博物館ってこんなにもご立派な建物なのね。
北九州市立美術館御用達のわたし、建物の立派さに田舎もん丸出しで写真をパシャパシャ。

006 (250x188)

011 (250x188)

美しい彫刻が4体、博物館前に…圧巻 美しい

円山応挙 幽霊図 (72x250) (2)
じゃじゃーん、今回の目玉??
CMでもトップに紹介されていた円山応挙が描いたとされる「幽霊図」
表装も描表装で、幽霊さんも何とも上品な方です(って、枕元に出られたらビビクリ上がりますけどね)

「平清盛怪異を見る図」広重 (300x148)
そして、この展覧会は大好きな浮世絵が多数展示。
もう見ごたえありすぎて、後半はぶっちゃけエネルギー切れになるくらい…
広重の「平清盛怪異を見る図」
なんだか、アニメーションでしょ。
画像では見えないけれど、松に積もった雪まで髑髏になってました。

相馬の古内裏國芳 (300x145) (2)
国芳さまの「相馬の古内裏」もお目にかかれました。
画集でしか見たことがなかったけれど、やっぱり国芳らしい大胆な構図に圧巻。
この浮世絵かっこいい!!と思ったものは大概、国芳のものでした。

「みかけハこハゐがとんだいい人だ」國芳 (241x250)
これは誰もが見たことのある国芳の「みかけハこハゐがとんだいい人だ」
幽霊・妖怪とは何の関係もないけれど奇妙な様子だから展示されてました。
もちろんこんな妖怪がいるわけではないですよ(笑)
おったら、逆に一番怖い…

若冲 (53x250)
そして、そして。
大好きな若冲さまの「付喪神図」
1点のみの展示でしたが、じっくりと目に焼き付けてきました。
かわいかったですよ、この画は。
若冲の弱いものや古いもの、そういった存在に
優しい気持ちを持っていた人だという事を再確認。
鬼才・変人と言われても、本質が純粋で優しい若冲さまに惚れますな。
思わずニッタリと顔がニヤける作品でした。


前半飛ばし過ぎて、画に穴が空くほどじっくり観てましたが、
中盤からこれはまだまだ随分と続くぞ…と感じ取ったわたし。
なんだかんだで2時間は観ていたようでした。
これから行かれる方、要注意です。
もの凄く見ごたえのある展示数です。


009 (188x250)
帰りは、チュチューっとコーヒーフロートを横の喫茶店で飲んで
帰宅ラッシュに巻き込まれながら帰宅しました。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。