庭の花と日々つれづれ・・・ 北九州市立美術館
TOPスポンサー広告 ≫ 北九州市立美術館TOP音楽とちょっとアートのこと ≫ 北九州市立美術館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

北九州市立美術館

1974年(昭和49年)に建てられた北九州市立美術館。
建築家、磯崎新の設計でカテドラル(聖堂)をイメージして設計したという。

小学生のころ、近所のお兄ちゃんが画の表彰を受けた時に観に行ったり
バレーボールの練習で、体育館を借りたりと。
何気に小さなころからご縁のある美術館です。
最近では2006年(平成18年)公開の実写映画「デスノート」の美術館のシーンで、内部が撮影に使われたそう。

001 (250x188)

駐車場から見た本館の様子。

002 (188x250)

ちょっと長めのエスカレーターで入口まで登ります。

004 (250x188)

エスカレーターをのぼれば、北九州市が一望できます。

005 (250x188)

別館へ移動するときは、ここの渡り廊下を渡ります。

006 (250x188)

子供のころから一番好きな場所。
今日は水が蓄えてなくって残念…

007 (250x188)

銅板のオブジェの前のもみじ。
秋の紅葉の頃は、銅板との色合いがきっときれいなんだろうな~。
これにオレンジの西日があたったらもっと最高やろうね。
そこまで計算してるかな??


なんか、もっともっと利用してイイよね。
北九州市立美術館。
好きやな、この場所。

北九州市立美術館   〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ケ谷町21-1

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。