庭の花と日々つれづれ・・・ 「花」
TOPスポンサー広告 ≫ 「花」TOP庭の花のこと ≫ 「花」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「花」

花の乏しいこの季節。
主張せずひっそりと咲く「花」が、愛おしいです。
秋の草花は背丈の高い品種が多くなります。



009 (250x188)

フジバカマと秋明菊(白)ももうじきです。
フジバカマが咲くと、アサギマダラが旅の途中にやってきます。



026 (188x250)

ラベンダーセージも背丈ほど大きく育ちます。
先日の台風で、ちょっと倒れかかっていますが…



045 (188x250)

7月に衝動買いした紫陽花‘西安’は(7月の様子)、
縁に少し赤みが注して、また違った表情です。



連結画像-1 (400x177)

アナベルはすっかり立枯れた様子です。
深くチョコレート色になったアナベルも(左)、煤けてレース状になったアナベルも(右)
風情があって素敵な秋の演出です。



029 (250x188)

ミナヅキもすっかり半分は茶色になりました。
秋色に紅葉することもあるらしいですが、我が家では一度もなった事がありません。
でも、これはこれで好きなのです。


014 (188x250)

バラ‘ディスタントドラムス’
昨日の写真なので、今日はもう少し開いています。
春よりピンクが濃く出ています。
アンティークなカラーがお気に入りなバラです。



連結画像-7 (300x237)

よく返り咲くクレマチス‘プチフォーコン’
せっかく咲いてくれたのに、ナメクジの餌食になって花弁はボロボロです…
右は、花後の種子の様子。
早く切ればまた咲いてくれるけど、花後のこの姿もかわいいのでためらうのです。



013 (250x188)

季節外れのジギタリス‘コーヒークリーム’
今年は夏越し成功です。
春に咲いた花とは比べ物にならない貧相な花ですが(春のジギタリス‘コーヒークリーム’
見とれちゃいます。



047 (188x250)

ちっちゃなブロンズフェンネルの花。
フェンネルを小さな鉢に寄せ植えしているので、きっと栄養失調かもしれませんが
小さな小さな線香花火みたいな花を咲かせていて、これが健気でかわいい。



あとはレンガ色のマムやエリゲロン、などがぽつぽつと咲いている庭です。
今はグラスの穂やカラーリーフが主役なのを解ってか(ってか、自分がそうしたんやけど…)
主張せず、葉色と調和して咲いてくれています。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。