庭の花と日々つれづれ・・・ ゲウム‘リバレ’とシラユキゲシ
TOPスポンサー広告 ≫ ゲウム‘リバレ’とシラユキゲシTOP庭の花のこと ≫ ゲウム‘リバレ’とシラユキゲシ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ゲウム‘リバレ’とシラユキゲシ

地味好みだなんて言わせません!!(笑)
風情ある花姿に魅かれるのです。
主役になれる花ではないけれど、どの子にもない個性を持ってしっかりと生きている花。
そんな子たちです。

人もそういう人に魅かれますね。
みんなが苦手、とか言う人と仲良くなるのが得意です(笑)


ゲウム‘リバレ’

004 (188x250)

003 (188x250)

ゲウムは日本名でダイコンソウと言う名がつけられてる通り
葉は本当に大根葉みたいです。
一般的に出回ってるのは、黄色やオレンジの大きめの派手な花を咲かせるのが
ダイコン草のイメージですが…
このリバレはベルのような花型と、チョコレート色の花茎とガク、
薄い黄色の花弁の色との組み合わせが、何とも控え目で素敵です。
密集したら、簡単に株分けできます。


お次はシラユキゲシ(白雪芥子)

009 (250x188)

山野草コーナーで小さな小さな小苗を2~3ポット植えただけで
毎年、地下茎を伸ばし色んなところから顔を出します。
山野草コーナーにあったので、暑さに弱く見た目の雰囲気からすぐにダメになって
しまうのだろう…という心配とは無縁のなかなかの逞しさです。
花は触れるとハラっと散ってしまうほどの繊細さで、純白の美しい花です。
葉も艶やかな美しい葉で、シェドーgardenの名脇役と言った感じ。
花の美しさを際立出せています。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。