庭の花と日々つれづれ・・・ 宝物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

宝物

買い物から帰ったちょうどの頃
母がだい豆を病院へ連れて行くところでした。

耳を怪我したらしく傷ができていたのですが、なかなか完治しない。
バイ菌でも入ったのか、瘡蓋状のコブみたいなのが見えてきたので
病院へ連れて行くのです。

とにかく小さいので、少々のことでも気が気ではなく…


病院では、病気のワンちゃんや怪我したワンちゃんがたくさん。
でも本当にみんな大事にかわいがられていて、幸せそうな子たちでいっぱいでした。
もちろんわたしは、「触らせて下さい」と人様のかわいい子をムツゴロウ状態でスキンシップ(笑)
そんなこんなで待合室で過ごしていたら
重症の動けなくなった病気の子が、飼い主さんに抱っこされているのに気付きました。
もう他人事ではなく、その子の事が心配で心配で…
飼い主さんも一生懸命にその子に話しかけ、涙ぐんでおられました。
わたしも涙がこぼれ落ちる寸前…太ももを抓り、必死で涙をこらえました。


先の事は考えたくないけれど、そら豆・だい豆・プリマがいなくなる事を考えると、
何ともどうしようもない感情が湧きでてきます。
ペットは家族と言うけれど、もうそれを遥かに通り越してる気もします。
人生のパートナーと言うか…
限られた時間に、どれだけ幸せだと思ってもらえるか
この子たちの為には、どんなことでもしてあげたいなと思いました。


2008 11月~2009 5月 020 (250x238)

新しい家族、だい豆がやってきた4年前。
早速お兄ちゃんに先制をかましてます。


2008 11月~2009 5月 144 (250x188)

お兄ちゃんの頭を枕に、仲良く日向ぼっこ。
なんだかんだ、仲良し兄弟です。


755 (250x188)

母に抱っこされた(左)プリマ(右)だい豆


1080 (250x152)

何気に家に入るのにも、順位が表れてる気がします(笑)
おっとり気弱なそら豆は、妹・弟の後に。
ってか弟のおしりに食いつき過ぎやろっ(苦笑)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。