庭の花と日々つれづれ・・・ 真夜中の訪問者
TOPスポンサー広告 ≫ 真夜中の訪問者TOPその他 ≫ 真夜中の訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

真夜中の訪問者

001 (270x320)

深夜寒くなったのでエアコンをON。
ふと見上げるとエアコン横でふわふわと漂うものが。
ホコリ??よく見ると小さなクモ。
お昼に、窓全開していたのでその時に入ってきたのでしょう。
「今夜は暖かい私のお部屋でおやすみなさい」

…今日になって。
エアコン横でジッとしています。
よっぽど居心地がよかったのかな。
別に気が済むまで居ていいけどエサ大丈夫なん??


*目くそ鼻くそを笑う*
やたらと昆虫や小さな生き物(ミミズやクモなど)に過剰に「気持ち悪い」だの言う人がいますよね。
私はいつも心の中で「あんたが言えたサマでもないわ!!」と毒づくのです。
私は特にカマキリ・クモ・ミツバチ・テントウムシ←(この子は案外人気者だったりしますが)などを庭仕事を手伝ってくれるパートナーだと思っています。
薬剤を使うときこの子たちを見つければ安全な場所に避難させますし、万が一薬剤がかかってしまったら水で洗って「ごめん」と謝ります。
バッタを捕まえれば、クモの巣にひっかけてあげたりもします(笑)

ガーデニング教室をやっていた頃も虫が苦手な生徒さんがやっぱりいました。
正直ガーデニングする上で虫と関わらないことなんて絶対あり得ないので、やる気あんの?!と思うこともしばしば。
だけど一時すると「アブラムシなんか素手でとるよ」と誇らしげに話す生徒さんの姿を見たとき、私はなんだかとっても嬉しくなったことを思い出すのです。

きれいな花だけを見るのではなく、植物の周りの世界を知ってこそガーデニングの奥深さを感じます。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。