庭の花と日々つれづれ・・・ 病は気から
TOPスポンサー広告 ≫ 病は気からTOPその他 ≫ 病は気から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

病は気から


木曜の朝に咳が出始めました。
もともと35.8度くらいが平熱という低体温。
やや微熱があり、近くにいたインフルの人の症状と酷似。

木曜の午後からは体が重くなりだるい。
夕方帰宅時には食欲もわかず、関節痛が背中全体に。
案の定、熱を測ると夕方37.5度→夜38.6度とどんどんあがりました。


1/30金曜日は大事なけじめの一日で、
私の性格的にここで休むわけにはいかない!!
というわけで、自己流インフルエンザ治療を2年ぶりに実行してみました。


木曜日(一日目)
とにかく薬をあえて飲まず、熱を上げて汗を流すことに徹する。
イメージは体の中のウイルスと戦ってるイメージでアドレナリンを出しまくる(笑)
関節痛で体の痛みがあがってくると布団を蹴り上げてさらにアドレナリン放出。
深夜3時過ぎても(日付は変わって金曜)初日はこんな調子で寝られなかった。
体温最高38.6度
食事なし。デカビタとコーヒーのみ。



金曜日(二日目)
朝体温、37.5度~38.0度と不安定。
汗びっしょりで臭いも気になる中、人前に出られないので気合で朝風呂(洗髪は控えた)。
行事出席。
夕方ごろから頭痛が耐えられず、いつも偏頭痛で飲むイブを飲む(熱37度台)
鎮痛解熱効果で数時間後には36.0度と一時的に薬の効果で熱が下がる。
昨日の睡眠不足と解熱でよく眠れる。
食事なし。デカビタとコーヒーとチョコ。



土曜日(三日目)
朝体温38度、再び発熱。
関節痛、頭痛やだるさはなく結構体は普通。
鼻水が出だした。
ここでぶり返さないように安静にして休息。
夕方には再び36度台に戻る。
熱が上がったり下がったり不安定。
食欲、元気は回復。
咳が激しくなってくる。




日曜日(四日目)
熱下がる。
咳と鼻水が残っているが、もうインフルは消滅。



月曜日(五日目)
咳、鼻水もほぼ消滅。
完治!!



我ながら根性はあるなと。
免疫力も落ちてないみたいでなんかちょっと安心。。。
病は気からとはよく言ったもんだと思う。

とりあえず、〆の行事に出られて
自分の中できちんとけじめがついたのでよかった。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。