庭の花と日々つれづれ・・・ チューリップ
TOPスポンサー広告 ≫ チューリップTOP庭仕事のこと ≫ チューリップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

チューリップ

またまた今更ながらの球根の植え付け。
売れ残り??のチューリップ アンジェリケ・マウントタコマ・ベロナ。
いずれのどこ子もパステルカラーです。
そのままにしておくのももったいないし、鉢もいっぱいあるんで植えようと。

我が家の春のgardenのテーマカラーは水色(忘れな草・ベロニカ等の草花)や白(ビバーナムなどの花木やバラ)。
正直チューリップのこれらの色はちょっと不要です。
なので切り花用に(今更植えたので花芽も上がってくるのかちょっと心配ですが…)

チューリップって子供のころから馴染みのある花材ですよね。
チューリップの歌も幼稚園で歌うし、小学校の花壇には必ず植えてある。
だからか大人になって庭作りを始めた時から、なんか子供っぽい、色が派手で他の花材と浮くイメージが強くあまり使う花材ではありませんでした。

でも今は、素敵な品種がたっくさん!!
アンティークな花色・ボタンの様な花姿。
また八重咲き、牡丹咲き品種は随分花持ちも良くなったとか。
まぁ、私は花後の球根管理が面倒なので特に利用する花材ではないんやけど、どうせ植えるなら素敵な品種を。

001 (280x206)
「花時間」より チューリップ シャトー

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。