庭の花と日々つれづれ・・・ クリスマスローズ(Helleborus hybridus) グレー
TOPスポンサー広告 ≫ クリスマスローズ(Helleborus hybridus) グレーTOP庭の花のこと ≫ クリスマスローズ(Helleborus hybridus) グレー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

クリスマスローズ(Helleborus hybridus) グレー

今日は、オリエンタリスのグレーが咲いていました。

001 (280x210)

グレーというには程遠い色味ですが、灰色を帯びた青紫でマットな質感です。
丸弁で、ころりとした花型です。
鉢の際から飛び出すように咲いていました。

それにしても、テラコッタ色の鉢との組み合わせが最悪です。
いつか花色に合う鉢へ、植えかえしてあげないといけないなと思いました。
もしくは、ペイントして色塗ろうかな。
スポンサーサイト

Comment

harvest gardenさま
編集
このクリスマスローズは、オリエンタリスという名称で、
色は、グレーになるのですか?
写真で見ると、暗紫に見えますが・・・
私、クリスマスローズは、ご近所さんからいただいたものが、2株だけなので、
本で、調べても、同じ色に当たるものが、わからなくて、
どう表現したらいいか、迷っています。
見たままの色とは、違う表記なのでしょうか?
2012年02月26日(Sun) 23:59
とっくんさんへ
編集
こんばんは☆とっくんさん♪
コメントありがとうございます。

そうですね、確かにクリスマスローズの色味って微妙なとこがあります。
光の加減(時間帯)でもずいぶん違って見えますし…
咲はじめと咲き終わり・年によっても違うような気がします。

画像のクリスマスローズは店で購入した時に札が付いていて、今ずっと記録している資料を見て探してみましたところ「灰紫系」と表示されています。
黒のクリスマスローズもあるんですが(黒とは言っても真っ黒でなく、非常に深い黒に近い青紫)、この灰紫系の子は花弁(実際は花弁ではなくガクなんですけど、一応わかりやすく花弁ってことで)の表側が黒のクリスマスローズより粉をまぶしたような質感で、確かにやや灰色がかっても見えます。

同じ交配でも色の出方や花型が色々みたいです。
クリスマスローズはそこが難しいし面白いとこですね。
わたしも八重咲きって表示されている苗を購入し、一重咲きだったことがありました。
希望の花色・花型がある人は開花株を買うのが一番だそうです。

とっくんさんの今日拝見した子は、写真で見る限り赤紫(パープル)で間違いないと思いますよ。
スッキリとしたシンプルな美しさが際立ってるなーと思って拝見いたしました。

家も鉢植えクリスマスローズが30鉢近く(もっとかな??)あるんですよ。
開花ラッシュが楽しみで、どんな姿を見せてくれるのかワクワクです。
数日前の長雨でこぼれ種からもいっぱい発芽しています。
ハマるといろんな品種が欲しくなるクリスマスローズ…ご注意ください(笑)
2012年02月27日(Mon) 00:33
とっくんさん、追加でーす!!
編集
オリエンタリスっていうのは、原種系ではなく交配されて作りだされたものです。
とっくんさんのこの子も間違いなくオリエンタリスです。

札にはよくオリエンタリス ハイブリッドって表示されてることが多いかと思います。

レテンローズと総称することもあります。

ではでは、失礼しますヽ(^。^)ノ
2012年02月27日(Mon) 00:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。