庭の花と日々つれづれ・・・ 北九州市立美術館 「冬のコレクション展」
TOPスポンサー広告 ≫ 北九州市立美術館 「冬のコレクション展」TOP音楽とちょっとアートのこと ≫ 北九州市立美術館 「冬のコレクション展」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

北九州市立美術館 「冬のコレクション展」

わたくし、今年前期に掲げていた一大目標を数日前に達成しました。

この目標が達成されるまでは、何となく胸元に気持ちの悪い奴がずっと居座っていて、
性格的に何事もしっかり白黒付かないと動けない、
いわゆる融通のきかん性格ゆえに自分の欲望を少し抑え←買い物は別です(笑)生活していました。

この目標が達成できたら行きたかったところ…
それは美術鑑賞。
福岡市美術館で開催されている「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展。
招待券をもらっていたのでこれに行くつもりでした。

まだ目標達成してない時に、いつもコメントを下さるブロガーさんが「国芳展」に行ったとの記事を読み
一層その思いは強まったのでした。
そして目標達成当日の夜、その「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」の招待券を探したのですが見当たりません…

もう行く気満々だっただけに、一気にその気持ちが失せてしまったのです。

そんな中、地元の美術館のイベント情報を調べたら「冬のコレクション展」という名で
広重の作品が展示されてることを知りました。
浮世絵大好きなわたし。
正直、広重のことはあまり詳しくない。
国芳・若冲好きな私です。

でも、車で数十分ですぐに着く北九州市立美術館。
車移動の腰の負担も少ないし、せっかくなんで行ってみようと。

美術館パンフ (291x400)


色をテーマにしたコレクション展なんで有名どころのモネの「水連 柳の反映」やルノワールの「麦わら帽子をかぶった女」などもあったり…
わたしが引きつけられたのは横尾龍彦の「愚者の旅」でした。

いよいよ広重。
広重は別館展示なんで、そそくさと移動。

広重 (280x170) (280x170) 広重2 (280x182)


見た瞬間、ゾワゾワです。
美しいとか綺麗とかでなく、とにかくかっこいい!!
錦絵のこの何とも言えない渋くて美しい色。
繊細なライン。
細かい描写(着物の柄など)

広重4 (280x174) 広重5 (280x183)


広重6 (191x280) 広重9 (280x196)


観て回ってるとアドレナリンが出て(興奮による)、一瞬ウルッときたりなんかして…
かとおもいきや‘最近、永谷園のお茶漬け食べてないなー’とかも思ったりなんかもしました。

こんな素晴らしい展示が な・な・なんと大人150円!!
ビックリ仰天!!
ペットボトルのジュース料金やん!!

素晴らしいものを見て、魂が浄化されました。
広重さん、ありがとう。北九州市立美術館さんも、ありがとう。

日本人のセンスってカッケー!!(かっこいい)と誇りに思いました。

広重の作品は前期(2011.12.3~2012.1.9)・後期(2012.1.11~2012.3.4)に分けて展示されていたそうで、前期を見逃したことが残念。
モネ展や若冲展の時は頻繁にTVで宣伝してたけど、今回は全然だったのでお客さんも空っぽ。
一人のんびり美術鑑賞が出来ました。
一年に必ず2.3回は観に行くけど、こんな少ないのは初めて。

016 (280x168)

大々的に行われているものではなかったので、広重のお土産コーナーも特につくられてなく…
売店でいつものごとくポストカードをあさっていたら、広重のがあったので3枚購入。
観たかった「名所江戸百景 深川淵崎十万坪」は、前期の展示だったようです…
右端の「流行面づくし」は、今回の展示に関係ない国芳のやけど、国芳好きのわたしには外せんので買いました。



*おまけ*
>


現代でもこんなにかっこよく浮世絵の世界が使われとります。
かっこいいので、是非ご覧あれ~。






スポンサーサイト

Comment

No title
編集
harvest gardenさん、こんにちは!

ダ・ヴィンチ展のチケットは見つかりませんでしたか?残念。
でも広重展が面白かったようで良かったですね。
お客さんが少ないのは、もうそれだけでほんと贅沢気分ですよね。
千葉市美術館はたまに超絶ナイスな企画展がかかるのに、大体いつも閑古鳥です(笑)。
あの若冲ですら、もう他に比べたら全然空いてました。
おかげで白い象と鯨の絵(世界一好きな絵です)をひとり占めできたりもしましたもん。
嬉しいのですが、千葉市民の民度がよく分かるようで、あ~あ…って感じです。

広重の作品は画力が確かで、どれをとってもすごく完成度が高いですよね。
あの美しい青が沁みます。私は特に雨の絵が好きですね。
本当に浮世絵って粋で惚れ惚れします。日本って誇らしい!
そして絵師ばかりがクローズアップされがちですが、ついつい彫師と摺師に
思いを馳せてしまいます。例え名前は残らずとも、彼らは素晴らしい芸術家です。

↓のコーディネイト、素敵ですねえ。SULTANのコートもアンティークのブーツも素敵!
harvest gardenさんのスタイルは、とてもビシッと決まっていますね。
甘くないスモーキーなブラウンが印象的で、すごく雰囲気があって大好きです。
私もこういうの憧れるのですが、この歳になってもまったくスタイルが決まらず
浮気ばかり…ブレブレです(笑)。羨ましいです。

↑の簡単に飲み物に加えられるマサラは便利そうですね。フェアトレードというのもいいな。
ジンジャーは冷えにも効きそうですが、喉の殺菌効果も期待できそう!
私は最近、和菓子屋で買ったまんま生姜の擦りおろしが入った生姜糖を
熱いほうじ茶を飲みながら舐めるのがお気に入り♪ 喉がすっきりしますよね。
2012年03月01日(Thu) 01:43
No title
編集
jyakurinさん、こんばんは。
広重、とってもじっくりと堪能できました。
浮世絵って本当にかっこいい。
江戸時代の色味が一番渋いですね。
渋色好みの私にはたまらん色遣いでした。
jyakurinさんがおっしゃる通りあの青色(褐返っていうのかな??)、本当に印象的な色ですよね。
わたしもこの青色と海老茶色のコントラストがとても好きなのです。
そして、雨の絵。
あの黒い一線の表現法、凄いです。
わたしもその表現法がすごいなと思ったので、雨の「東都名所 隅田堤雨中之櫻」と「東都名所 日本橋之白雨」の画像をupしたのです!!ほらまたjyakurinさんとリンクするでしょ(笑)

そして、彫師・摺師への敬意。
確かにそうですね。
忘れがちですが、本当にそうだと思います。
「東都名所 五百羅漢さゞゐ堂」では、摺師の色の違いで2点展示がされていました。

jyakurinさん千葉なんですね。
わたしてっきり東京の方かと思ってました。千葉には、知り合い・友達が多くいます。
そちらは都会だからもっと洗練されてるでしょうに…
国芳展のお土産みたいな洒落た品は、ここらではお見かけしない品ですよ(-_-;)
あの和三盆とか、まぢかわいい!!
見たことないもん、ここいら辺では…
もっぱら、ポストカードとかクリアファイルとかキーホルダー(←誰が買うんやか?)とかシケてますよ。
あっ、でも草間弥生Tシャツが売ってました(笑)3675円で。
jyakurinさんのやん!!って思ったんです。

お洋服のことも褒めて頂き、うれしいな♡です。
いつも茶系なわたしでしょ(苦笑)
先日、ズーッと何年もロングの明るい茶色の髪色だったのでなんか変えたくなって。
前髪作ってもいつも後悔するし… 髪切ったら毛量が多くて膨らむので却下。
でカラーを深めの焦げ茶にしたんですけど、まー似合わんこと。
色が抜けるまで一時の辛抱中なんです(-_-;)

ジンジャエールマサラ、イイですよ。
只今、ビール飲んでますが入れてみようか迷ったけどやめました。
ほうじ茶か~、家にはないなー。
緑茶・珈琲・紅茶しかない地味な家です。

※国芳展の件、勝手にブログに書いちゃいました。
お名前は一応伏せたけどバレバレですね・・・
いつもお洒落な刺激的なブログ、毎回楽しみにしてるんです♪←催促(笑)
どんどん素敵な世界を田舎もんに教えて下さいね(自爆)
2012年03月01日(Thu) 02:31
No title
編集
あ、国芳展の件、全然構いませんよ~。
個人情報保護とかめんどくさい人なんで、無断転載すらも基本的には別に大丈夫です。
というかむしろ私がブログ・リテラシー的なものをあまり分かってないのかもですが。
画像とかザクザク載せちゃってるし。まあ個人の楽しみの範疇なんで許してほしいです。

私の実家は千葉の真ん中らへんにあり、結婚して鼠ランドの近くに来ました。
東京はすぐお隣ですが、まあ生粋の千葉っ子ですね。
横浜や鎌倉を有する神奈川(むしろ誇り度は都民を遥かに凌ぎます。時に感じ悪し!)
なんかとは違って、千葉は意外と田舎ですよ。
なんというか、お洒落な人はすぐ東京に出てしまうのです。
出ようと思えば割と容易に出られる距離が災いしています。
なので千葉に残っている人のセンスは…ですし、イカす店が出来ても大体潰れます(泣)。
でもここ数年で、地元を盛り上げようとする素敵コミュニティが少しずつ拡大中。
ヤンキーに負けず、是非頑張っていただきたいものです。
福岡は友人(biotope店主)のふるさとで、すごく文化度が高いと聞いています。いいな~。
2012年03月01日(Thu) 14:16
jyakurinさんへ
編集
お返事まで、ありがとうございます。
千葉といっても色々なんですね。
千葉=関東※東京の横なんで都会ってイメージがあります。
花屋に勤めていた時、フラワーアレンジメントの資格を持ったおねえさんが千葉の出身で「千葉でも全然田舎いっぱいあるよ」と言ってましたね。
鼠ランドのとこは、いとこが住んでいました。
おじさん夫婦は、福岡(市)に今住んでますが。
あと、旅をして回ってる健ちゃんという旅人もそこの出身でした。

地震の時は液状化現象などが酷かったみたいで…大変でしたね。

わたしのとこは北九州市と福岡市に挟まれたところです。
だから、ちょっと車を走らせれば海・河・山・田んぼなど以外に自然豊かなとこです。
北九州は正直…シケシケですよ。
人も店もセンスは…
お洒落な人なんかここんとこあんまり見たことがないですね。
だって今時 森ガールファッションしてる人とかが存在するんです!!←しかも年齢的にキツイ人までも(-_-;)
北九州の恥~!! 笑っちゃうでしょ?!
もう、そんな人ばっかだからお洒落なお洋服なんか取り扱ってる店なんか出来ないのも納得の上です。
諦めの境地です。
ケチな人が多いんだそうです。

福岡の方は、うーん…
今の若い子はファストファッション傾向だからか… (-_-;)
でも、お店をやってる人などはお洒落な人を見かけることがあります。
穴場的なお店が多いからですね、福岡は。
確かにお店は素敵なところが多いかと思います←唯一の自慢かも。
おばちゃんたちもおしゃれな感覚の人と、下品な勘違いおばちゃんと両極端。

でも、10数年前と今では確実に福岡も落ちてる気がします。

なんにしても、そちらの感覚にはかなわんのですよ…
2012年03月01日(Thu) 22:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。